• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 香里奈ドラマ「嫌われる勇気」中止要求の波紋

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香里奈ドラマ「嫌われる勇気」中止要求の波紋


主演ドラマの打ち切りはなんとか免れた香里奈

 女優・香里奈(33)が主演するドラマ「嫌われる勇気」(木曜午後10時、フジテレビ系)が、日本アドラー心理学会から抗議されていた問題で、フジテレビは本紙の取材に、放送継続の意向を明言した。これには香里奈ら出演者、関係者もホッとしたことだろう。2014年のスキャンダル報道から、ようやく立ち直った香里奈にとっては朗報。視聴率は、初回から1桁台と低空飛行が続いているが、何とか“空中分解”は免れた格好だ。

 ドラマ「嫌われる勇気」は、アドラー心理学の第一人者・岸見一郎氏と古賀史健氏の同名大ベストセラー本が原案。アドラー心理学を体現する女刑事・蘭子(香里奈)を主人公に、1話完結型のミステリードラマに仕上がっている。

「小説や漫画が原作のドラマが多い中、珍しくオリジナル脚本です。『原案を大胆にアレンジした』というのが今回のドラマのうたい文句でした」(テレビ誌関係者)

 ところが、そのアレンジが良くなかったのか、今月3日、日本アドラー心理学会から、まさかの“物言い”がついてしまった。

 同学会のHPは「ドラマにはきわめて重大な問題がある」と中井亜由美会長名で、抗議文を掲載。「勇気」の概念がアドラー心理学における一般的な理解とは異なっていることを指摘した上で「日本のアドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げになる(中略)。放映の中止か、あるいは脚本の大幅な見直しをお願いしたい」と厳しい要求がつづられた。

「香里奈にとっては何とも気の毒です。本人は今回のドラマに気合を入れて臨んでいました。かつて(14年に)写真誌『フライデー』に大股開き写真を掲載され、イメージが失墜し、落ち込んでいましたからね。あれから2作目の連ドラですが、ここでしっかりと女優としての存在感を示したかったんですよ」(芸能プロ関係者)

 本紙が改めて同学会を取材すると「抗議文に書いた通り。フジテレビさんとお話? しておりません。進展があれば、その都度お知らせしていく」とだけコメント。相当おかんむりの様子だった。

 一方、フジテレビは「放送中止は考えておりません」とキッパリだ。続けて「ドラマというエンターテインメントの要素と、アドラー心理学の描写のバランスを考えつつ、原案書籍の著者に脚本を監修していただきながら制作しております。全話を見てご判断いただければ」と回答した。

 ただ「日本アドラー心理学会からいただいたご意見も、今後のドラマ制作に生かしてまいります」とし、同学会の見解を一定程度反映させることも示唆している。

 香里奈は“大股開き騒動”後、初の主演ドラマとなった15年10月クールの「結婚式の前日に」(TBS系)が全10話平均5・6%と惨敗していた。
“騒動後2作目”の主演で、主役級女優の試金石となる「嫌われる勇気」だっただけに、香里奈も人が変わったように打ち込んでいるという。

「騒動前の香里奈は、平気で収録に遅刻したり、タカビーな態度が不評だったのですが、今回は出演者の誰よりも早く、スタジオ入りするし、主役として差し入れまでして共演者やスタッフに気を使っているので、スタッフはたとえ視聴率が悪くても最後までやらせてあげたいというムードです」(ドラマ関係者)

 だが、視聴率は1月12日の初回8・1%を頂点に、あとは6~7%台をウロウロ。同学会の指摘通りに脚本を見直して視聴率が爆上げするならば、フジは喜んで変えるだろうが…。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!