• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 清水富美加の「病状」をナイナイ岡村が“疑問視”「本、書けるのかな」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水富美加の「病状」をナイナイ岡村が“疑問視”「本、書けるのかな」


清水富美加

 宗教団体「幸福の科学」に出家した人気女優・清水富美加(22)の“ホントの病状”が判明した。

 

 教団側は、心身のバランスを崩した清水が医者から「このままでは命にかかわる」と診断された、と主張。一方で芸能界からは、所属のレプロエンタテインメントとの契約が切れる5月までは「残る仕事を全うすべき」との意見も根強い。

 

 そうしたなかで清水は17日に、告白本「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)を“千眼美子”の名で出版。これに異を唱えたのがお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(46)だ。

 

 かつて心身のバランスを崩し休養したことがある岡村は、ラジオ番組では自身の経験を踏まえ「冷静な判断ってね、本当にできなくなるんですよ」と清水を擁護する一方、「限界やった人が本、書けるのかな?」と疑問を投げかけた。

 

 これに対し教団の広報担当者は「本は彼女の話を聞いた信者がまとめたもの。インタビューは医師立ち会いのもと、今月11日から数回に分けて行いました」と説明した。

 

 同書では清水の病状についても触れられている。それによると、出家直前は夢と現実の区別がつかず、頭も体も痛く「死にたい」という願望にとらわれていた。出家を決めた後も、どこからともなく声が聞こえ、教団関係者に「私、なんか憑いてます?」と確認。全身のけいれんや体中の痛み、“見えない何か”に対する恐怖からトイレにも1人で行けない日々が続いたという。

 

 清水はそれを「極度の憑依状態」と表現している。その結果、医師から絶対安静と「いまのような仕事を続けてはいけない」と診断された。過去には役作りにのめり込むあまり、悪霊に憑依され、無意識のうちに「われわれはお前たちを絶対に許さない!」と言い続けていたこともあったという。

 

 清水が極限状態だったことは確かなようだが…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!