• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 出演歌手の総キャリア「1142年」ペギー葉山ら39人が“歌謡オールスター”で熱唱


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出演歌手の総キャリア「1142年」ペギー葉山ら39人が“歌謡オールスター”で熱唱


元気な歌声を披露した39人のベテラン歌手たち

 歌手のペギー葉山(83)が16日、東京・中野区のサンプラザホールで開かれた「キングレコードオールスター歌謡パレード」に出演し、元気な歌声を披露した。

 

 このイベントは創業125周年を迎えた山野楽器と、創業85周年を迎えたキングレコードによるスペシャルコンサートで、同社所属の演歌・歌謡曲系アーティストの中から葉山、大津美子(79)、大月みやこ(70)、神野美伽(51)ら39人が出演した。

 

 最年長のペギーは「歌は皆さんに元気とエネルギーと生きる力を与えるものですが、今が一番、歌の存在が大事な時代だと思います」とコメント。ベテランの大月は「先輩方の背中を見て、私もまだまだ歌っていきたい気持ちが新たに湧いてきたような、そんな力をいただきました」と意気込んだ。

 

 ペギーの「南国土佐を後にして」で幕を開けたコンサートは、神野、原田悠里(62)、角川博(63)、中村美律子(66)、三笠優子(67)、鏡五郎(72)らがチームに分かれ、最新曲や往年のヒット曲をカバー。角川は、小金沢昇司(58)からの突然のリクエストに応え、故美空ひばりさんや五木ひろし(68)のものまねを披露し、会場を沸かせた。

 

 ステージでは「下町の太陽」「別れの一本杉」「哀愁列車」など数々の名曲が披露され、最後にペギーが「学生時代」を歌うと、再び全員が登場。大合唱でプログラム全59曲の幕を閉じた。出演歌手の総キャリア年数「1142年」というキングレコード演歌・歌謡曲部門の層の厚さとエンターテインメント力を体感できるステージとなった。

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!