• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 清水富美加「父借金5000万円報道」の内幕

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水富美加「父借金5000万円報道」の内幕


清水をめぐり、所属事務所と教団の対立は深まるばかり

 人気女優・清水富美加(22)の「幸福の科学」出家騒動が、異様な展開を見せ始めた。14日、一部スポーツ紙とテレビ番組が「清水の父親に5000万円の借金があり、それを教団が肩代わりした可能性がある」と報道。これに教団側は「そのような事実はない」と大激怒し、場合によっては法的措置も辞さない構えだ。なぜこのような報道が飛び出したのか? その裏には、今回の出家騒動を芸能事務所の移籍トラブルにすり替えようとする水面下の尋常ならざる情報戦があった――。

 清水の出家をめぐる教団と所属事務所「レプロエンタテインメント」の対立が、一気に緊迫の度を増した。

 一部朝刊スポーツ紙が、清水の父親に約5000万円の借金があり、それを教団が肩代わりした可能性があると報じたのだ。断定してはおらず、あくまで推測の話としているが、インパクトは大。これが真実だった場合、清水の出家の経緯に様々な意味が加わる。

 これまでの話では、清水は駆け出し時代の「月給5万円」という待遇面に加え、仕事の方向性でも、本意ではない水着の仕事や人食シーンのある映画への出演を進められたとして、事務所と対立。心身のバランスを崩しドクターストップがかかったことで、出家を決意したとされる。

 しかし、前出の5000万円報道が本当だった場合、人によっては「教団に借金を返済するため出家を決めた」「教団が借金のカタに清水をレプロから引き抜いた」と解釈する人も出てくるだろう。実際はどうなのか?

 本紙の取材によると、清水の父親は都内でネット関連の会社を経営していた。だが5年ほど前に妻と離婚、末っ子の清水を父親が引き取った。だが、昨年後半に会社が倒産し、父親が負債を抱えたのは間違いないが、5000万円という数字の根拠は「?」だ。

 東京郊外にある清水の実家は現在、もぬけの殻。近隣住民によると「5~6年前にここに引っ越してきたが、近所付き合いはほとんどない。娘さんはたまに顔を見せにきていた」という。

 肝心の肩代わり部分について、教団幹部は「そのような事実は一切ありません」と本紙に強い口調で否定。同幹部は報道を引用したフジテレビの情報番組にも、生放送中に抗議電話をかけ、その場で訂正させた。

「意図的にニセ情報をリークした人間がいる。父親の借金と教団を結びつけて、イメージ操作しようとしている。こうしたガセ報道には法的措置を含め、断固たる態度で臨む」とは同幹部。

 この手の騒動が起きた時、水面下で情報戦が繰り広げられるのが、芸能界の常だ。今回の件でも「出家」を「事務所移籍騒動」にすり替えようとする動きがあるという。

「出家した清水さんが教団製作の映画に出演した場合、それは芸能活動で、レプロから幸福の科学への事務所移籍に当たるというのです。芸能界にはレプロも加盟する一般社団法人『日本音楽事業者協会』という互助会組織があり、勝手な移籍や引き抜きを禁止するルールが設けられている。今回の一件は拡大解釈すれば、それに抵触するという理論です」(芸能プロ関係者)

 本紙で昨報したように、フリーアナウンサーの宮根誠司(53)は13日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、「これは引退というより事務所の移籍。今後も芸能活動をやるなら、なぜ5月20日(のレプロとの契約満了)まで全うできなかったのか」と述べた。

 こうした流れに教団の広報担当者は「論点がおかしくなっている。清水さんはレプロの奴隷契約によって追い込まれ、心身に支障をきたし、そこから逃れるために出家したのです。仮に教団製作の映画に出演するとしても、名前は清水富美加ではなく法名の『千眼美子』。宗教活動の一環です」と話す。

 芸能プロダクションと宗教団体という、前代未聞の“異種バトル”はいつまで続くのか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【防府競輪】九州スポーツ杯争奪戦(25〜27日)
特設サイトで最終日=27日(火)の出走表・印、選手のコメント、並び、本紙の見解・狙い目を掲載!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

第2回東スポカップ ポーカー大会
東日本最大規模のポーカー大会「第2回東スポカップ ポーカー大会」決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!


おすすめコンテンツ
ジュニアクラウン(28日=笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!