• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 違法賭博疑惑・清水アキラ三男 脅迫されていた?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

違法賭博疑惑・清水アキラ三男 脅迫されていた?


いろいろやらかしていた良太郎

 ものまねタレント・清水良太郎(28)と、俳優・遠藤要(33)による違法賭博疑惑が波紋を広げている。実は2人は夜の街では“要注意人物”として有名で、今回の闇カジノ店以外にも違法店への出入りが噂されており、取材を進めると何と不良に脅されていたとの情報も浮上した。また、清水は「ものまね四天王」の一人、清水アキラ(62)の三男で、事務所は同族経営。ぬるま湯に漬かり甘えてきた2世タレントの実像も見えてきた。

 

 10日発売の「フライデー」が報じたのは、清水と遠藤が東京・池袋の闇カジノでバカラに興じる写真だった。

 

 2人はともに店への出入りは認めつつ「(店を)再訪した際に金銭を賭けることを店の従業員から誘われ、そこで違法賭博を行う店だと気付き、退店した」と事務所を通じて、賭博行為を否定していた。

 

 だが実は、以前から清水と遠藤は夜の街でも“要注意人物”としてマークされていた。特に清水は派手に遊んでおり「いつか問題を起こすのでは?」と心配する声が各所から上がっていた。

 

「『清水アキラの息子の店』と芸能関係者の間で有名だったバーが六本木にあり、芸能人や遊び人のたまり場になっていた。この息子というのが次男で良太郎の兄。良太郎はこのバーに入り浸り、女関係も含めて派手にやっていた。そのころから、非合法のオンラインカジノ店などに出入りしているという噂はあった。不良みたいな連中ともつるんでいた」とは芸能プロ関係者。

 

 清水が「アニキ」と慕っていた遠藤も派手に飲み歩いていたという。

 

「いわゆる西麻布の“海老蔵ビル”の有名店で見かけたことがあります。酔っ払って態度がかなり悪かった。キャバクラ好きで有名で、他にも金持ちを連れて新宿・歌舞伎町などのキャバクラによく出向いていた。清水とは夜の街で接点ができて、仲良くなったみたいです」と別の芸能関係者。

 

 清水、遠藤とも違法賭博に手を染めたことは否定し「違法店との認識はなかった」としつつ、入店したことは認めている。その裏で、こうした違法賭博店へ出入りしていたことで、不良に脅されていたとの情報もある。

 

「清水は出入りしていた闇カジノで偶然一緒になった不良たちに“顔バレ”してしまい、脅されていたという情報が回っています。清水はこれを突っぱねたという話ですが、まだまだ表に出ていない、きなくさい動きがありそうです」(同)

 

 一方、清水の賭博疑惑は、新たな2世タレントの不祥事に数えられることになる。昨年8月、女優・高畑淳子(62)の長男で俳優・高畑裕太(23)による強姦致傷事件が記憶に新しく(同9月に不起訴処分)、そのたびに“親バカ”の影響がクローズアップされるが、清水の場合も甘やかされた部分がありそうだ。

 

 清水は父アキラ、母、兄2人の5人家族。清水は父とともに事務所「清水エイジェンシー」(東京)に所属しているが、「清水プロ」(東京)という関連会社が別にあり“清水グループ”と呼ばれる2社の取締役はすべて清水家の面々だったことが判明した。「エイジェンシー」の代表取締役はアキラで、取締役は長男。「プロ」の代表取締役は次男で、取締役はアキラとその妻だ。

 

「長男は航空会社勤務で、取締役にも名を連ねるのは事務所としての節税対策の一環かもしれないけど、取締役がすべて家族というのは芸能界でも珍しい。関係者の間ではアキラが1代で築いた“清水帝国”と呼ばれている」(関係者)

 

 父の背中を追い、ものまねタレントとして頭角を現していた清水だが、公私とも、家族に守られていた部分はあるだろう。

「2世タレントは甘やかされて育ちやすい。その上、同族経営の事務所の中にいると閉鎖的になり、外部の声が届きにくくなる。清水は父子共演することも少なくなく、完全に独り立ちしていないのが現状。ぬるま湯に漬かったままでモラルの形成が追いつかず、闇カジノにも平然と足を踏み入れる倫理観しかなかったのでしょう」(同)

 

 父子ともに反省するしかないようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!