• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 替え歌騒動決着・パーマ大佐「森のくまさん」いつ解禁?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

替え歌騒動決着・パーマ大佐「森のくまさん」いつ解禁?


 童謡「森のくまさん」の日本語の歌詞を手がけた作詞家の馬場祥弘氏が、替え歌の芸を収録したCDで著作者としての人格権を侵害されたとして、お笑い芸人・パーマ大佐(23)と、CDを制作、販売したユニバーサルミュージックに慰謝料300万円の請求を行った件が決着した。1日、馬場氏の代理人を務める三木秀夫弁護士が、馬場氏の訳詞利用について、同日付で両者が合意に至ったことを発表した。

 三木弁護士は書面で「ユニバーサルミュージックとパーマ大佐は、パーマ大佐『森のくまさん』のCD/DVD等の販売とパフォーマンスでの訳詞の利用を、団体を通じて馬場氏の同意を得たと理解していましたが、馬場氏は団体からの問い合わせに対して不同意との回答をしたという認識でした」と双方の認識に違いがあったことを説明。

 今後製造するCDやインターネット上の動画には、歌詞の改変者として「加詞 パーマ大佐」と新たに記載することなどが条件となった。

 ユニバーサル社側が昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)を介して歌詞への加筆許可を求めた際に食い違いが生じ、トラブルに発展した。

 馬場氏側はユニバーサル社側が交渉の過程で改めて経緯を説明し、馬場氏の著作者としての人格権を尊重するとしたため、条件に応じたと説明している。対価の支払いの有無などについては明らかにしていない。

 晴れて、馬場氏からパフォーマンスの快諾を受けたパーマ大佐だが、先月31日に行われた「R―1ぐらんぷり2017」3回戦で、「森のくまさん」ネタを別の機会に行うことをにおわせていた。同大会の番組を制作する関西テレビの福井澄郎社長(69)も、先日行われた会見で「権利者の思いもあるので難しい問題」とした上で、ネタについて「あれだけを見れば面白い」と語っている。3回戦を突破し、準々決勝に駒を進めたパーマ大佐。注目される同ネタ解禁は、昨年敗退した準決勝の舞台かそれとも――。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!