• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ネットアイドル女子中学生「送検母」の厚顔 活動優先で強制欠席

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットアイドル女子中学生「送検母」の厚顔 活動優先で強制欠席


 動画を配信する「ネットアイドル」として活動している中学3年の女子生徒(15)を通学させなかったとして、大阪府警黒山署は18日、学校教育法(就学させる義務)違反の疑いで、母親(44)を書類送検した。学校側の再三の求めに応じず、警察相手にも悪態をついたという母親は「子供の芸能活動をバックアップしたかった」と供述。猛省を促したいところだが、ネット配信の世界では事件そのものが“勲章”となり、知名度アップに貢献してしまう可能性もあるという――。

 昨年、大阪府のある小学校で4年生の男子に「将来の夢」を聞いたところ、サッカー選手、医者に次いでユーチューバーが第3位に入ったことがニュースとなった。ITジャーナリストの井上トシユキ氏によると「いまや小中学生の間ではアイドルやタレントよりも、有名ユーチューバーの方がよっぽど人気があります」と語る。

 昨年末に「PPAP」で一躍時の人となったピコ太郎もブレークのきっかけはユーチューブへの動画投稿だった。有名なネット配信者の年収は1億円を軽く超える。今回の事件は、そうした新時代のネット社会の仕組みが遠因にある。

 この日、書類送検されたのは、中学3年の女子生徒の母親。送検容疑は、2015年9月から16年2月に大阪狭山市教委から娘を中学校に就学させるよう6回督促を受けたにもかかわらず、登校させなかったとされる。

 警察の調べに母親は「娘がアイドル活動をしたいと言ったので尊重した。法律は知らなかった」と供述。黒山署は「いじめや病気などの事情はなく、通学させない理由はない」としている。

 女子生徒はライブ配信サービス「ニコニコ生放送」(以下、ニコ生)などを利用するネットアイドルだった。

 関係者は「姉も同様のアイドルで、学校にはほとんど行ってなかった。その影響を受けて、女子生徒は8歳から動画配信を開始。口は達者だが九九ができなかったり、日本語がおかしかったりした。視聴者から『学校に行け』と指摘も相次いだが、お構いなし。母親が配信に“乱入”して『学校なんて行く必要ない!』と言い切ることもあった」という。

 学校教育法の「就学させる義務」違反で書類送検されるケースはまれで、大阪府警でも初。それほど母親の態度は目に余るほどだった。捜査関係者の話。

「学校の家庭訪問には居留守を使い、手紙を出しても無視。奇跡的に連絡が取れても『娘が行きたくない言うてる!』と声を荒らげる。業を煮やした学校側は警察に相談。警察から『このままでは法律違反になりますよ』と言われると、その場では『わかりました』と言うけど、実行しない。警察の電話を途中でガチャ切りすることもあった」

 昨年8月、親子は芸能活動に伴い、東京・町田市に引っ越した。黒山署によると「転居後も母親が娘を都内の中学校に通わせている様子はない」そうで、今回の書類送検は母親におきゅうを据える意味もありそうだ。

 だが、独特な文化を持つネット社会では、警察の措置が逆効果になる可能性も。前出の井上氏は次のように話す。

「母親が書類送検されたという事実は、配信者にとって格好の宣伝材料。炎上商法のように閲覧者数が爆発的に増え、結果オーライになるかもしれません。配信の世界では普通の人よりも、元犯罪者だったり、ヤクザの元親分だった人の方が人気がある。一般常識が通用しないのが、ネット社会なのです」と話す。

 今回の事件は氷山の一角でもある。これまでもニコ生配信をめぐり、傷害事件や未成年への淫行事件に発展したことがあった。

「ニコ生を運営するドワンゴも配信者の言動予測は不可能。過激な配信を行う者や法に抵触した人には対しては、アカウント停止などの措置を講じているが、やり方次第で新規アカウントを持つことが可能。チェック態勢には限界がある」(井上氏)

 もはや何でもアリなネット社会。事件をもネタにされてはお手上げだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」 new
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!