• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > SMAPに続き「V6解散危機」引き金は岡田准一

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMAPに続き「V6解散危機」引き金は岡田准一


岡田と半同棲しているとされる宮崎あおい

 SMAPに次いで、今度はV6が解散危機!?“帝国”と呼ばれるほど芸能界で一大勢力を誇ってきたジャニーズ事務所の屋台骨が、“国民的アイドル”と言われ続けたSMAPの解散で大きく揺らいでいる。そんななか、なんともショッキングな情報を本紙は入手した。V6が今年中に空中分解しそうだというのだ。その原因は、ここ数年、俳優としてメキメキ実力をつけてきたV6メンバー岡田准一(36)の“あの問題”だという。一体どういうことなのか――。

 

「SMAPに引き続き、今度はV6にも解散話が持ち上がりそうだ」

 

 東京キー局の関係者がこう漏らした。解散への引き金は、岡田が握っているという。

 

 現在、事務所の大反対を押し切って、不倫交際を経て半同棲生活を送る岡田と宮崎あおい(31)がついに、結婚に向けて動きだしたことが大問題になりそうなのだ。早ければ今夏にも電撃入籍を果たしそうな勢いで、それを機にV6が空中分解するという不吉な予言だ。

 

「現在、岡田は8月に公開される映画『関ヶ原』の撮影に没頭している。クランクアップしたら、そのまま少し早い夏休みを取る予定なんです。実は、宮崎も嵐の二宮和也が主演する映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の撮影を終えて、そのまま夏休みに入るんです。2人はこのタイミングで海外に行き、身内だけで式を済ませるといった話が公然の秘密として業界人の間に広まっているんですよ…」(民放キー局関係者)

 

 だが、岡田にとって宮崎との入籍は“終わりの始まり”を意味するという。

 

「いまだにジャニーズは岡田と宮崎の交際を認めていない。ジャニーズの看板俳優のキャリアをもってしても、絶対に覆せない鉄のおきてがあの事務所には存在するんです」と話す前出の民放キー局関係者。それは――。

 

「宮崎が離婚した原因が岡田との不倫交際。だから当然、宮崎はバツイチです。ジャニタレの結婚において過去、これほどスキャンダラスな嫁はいない。基本はジャニーズの女帝と言われるメリーとジュリー両副社長に気に入られない限り、絶対に結婚は認められない。それでも結婚に踏み切ろうというのなら、解雇か、もしくは独立というジャッジになる可能性が高い」(同)

 

 そもそも岡田は、ジャニーズを代表する俳優であると同時に落ち目と言われたV6を井ノ原快彦(40)とともに立て直した功労者。にもかかわらず、結婚するだけで、本当にジャニーズ事務所を解雇されてしまうことなどあるのだろうか?

 

「とにかく今は時期が悪い。SMAPの解散やジャニタレの相次ぐ下半身スキャンダルが騒がれている。それこそ岡田のケースを認めたら他のジャニタレも結婚を訴え始めるはずだ。そんなファン不在の勝手な振る舞いは絶対に認められないということだ」(ジャニーズ事務所に詳しい事情通)

 

 岡田が結婚した時点で間違いなく飛び出すのがV6の解散話だとも。

 

「実は、SMAP以上にV6のメンバーは、とにかくバラバラで本当にまとまりがない。岡田の結婚&独立を機に解散話が出るのは避けられないでしょうね」(芸能プロ関係者)

 

 果たして岡田は俳優生命を賭してでも宮崎との恋を成就させようとするのか?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!