• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「流行語大賞」ベッキー欠席の不満 選考委員やくみつる氏が総括 

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「流行語大賞」ベッキー欠席の不満 選考委員やくみつる氏が総括 


ベッキーに代わり、覆面「文春くん」姿で受賞した週刊文春記者

 年の瀬の風物詩「自由国民社『現代用語の基礎知識』選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」の表彰式が1日、都内で行われ、年間大賞に「神ってる」が輝いた。トップテンには「ゲス不倫」も選ばれたが、この言葉が生まれた不倫騒動を起こしたベッキー(32)など当事者は欠席。同賞選考委員の漫画家・やくみつる氏(57)は本紙に「ベッキー欠席の無念さ」をこぼし、流行語大賞の“やくみつる的総括”を語った。

 

 授賞式には、欠席したベッキーに代わり、スクープした「週刊文春編集部」記者が受賞した。

 

 文春記者が「今後の張り込み取材に影響が出るので」と顔バレNGのため、同誌のマスコットキャラクター「文春(ふみはる)くん」のマスクをかぶり登壇。「本当はベッキーさんとかが、ぜひもらう賞だとは思いますが(一連の不倫報道があった有名人を)代表していただきます」とコメントした。

 

 司会の生島ヒロシ(65)が「ベッキーさんの事務所の社長に電話したが、来られなかった。来たら(文春記者が)殴られていた」と、ベッキー側がオファーを断っていたことを明かした。

 

 授賞式終了後、選考委員を務めたやく氏は本紙に「東スポが『出席する』と書いたから、期待したじゃないですか!」と苦笑交じり。ベッキーに向けてこう語った。

「この場を“清算の場”にしてほしかったですね。コソコソせずに出てきてほしかったなあ。壇上でうまいコメントすれば、もう終わっていたんじゃないかな。今年で終わりにすればよかった」

 

 まだ、本格的な復帰とは程遠いベッキーだけに、やく氏の言う「清算の場」は今後、必要になってくるだろう。

 

 年間大賞に輝いた広島カープ・緒方孝市監督(47)が鈴木誠也外野手(22)を評した「神ってる」については「選考委員がそれぞれの言葉に点数を付けて、ある程度の絞り込みをするのですが、この『神ってる』は一番点数が高かった。野球をあまり知らない選考委員でも知っていた言葉ということで、大賞にふさわしかったのでは」とやく氏はダントツだったことを明かした。

 

 今年は「ゲス不倫」のほかに、先日、覚醒剤使用の疑いで再び逮捕された歌手・ASKA(58)や元プロ野球選手の清原和博(49)、元俳優の高知東生(51)、元女優の高樹沙耶被告(53)など著名人の「薬物事件」も世間に大きな衝撃を与えた。ところが、流行語大賞のノミネート30語にも薬物に関するワードは一つもなかった。

 

 この点について、やく氏は「私は(清原事件に絡んで報じられた)“シャブばばあ”という言葉を推薦しましたが、議論の対象にもなりませんでした。言葉の響きは印象的だったんですけどねぇ。もう少しタイミングが合えば『医療用大麻』という言葉は入ってもおかしくなかったのでは。薬物関連の言葉はスポンサーも嫌がるでしょうけどね」と、社会に暗い影を落とす言葉は選出されにくい傾向にあるという。

 

 やく氏は「個人的には『意識高い系』という言葉が選ばれてもよかったと思う。もともとの意味から使い方が変わってきている」と指摘する。

 

 本来は能力や行動力が高い人間を指す言葉だったが「突出した人間を笑う言葉として使われるようになった。平等を求める社会が(目立つ人間の)足を引っ張るような言葉になってきた」とやく氏は解説した。

 

 一方「(僕の)アモーレ」では、“生みの親”であるサッカー日本代表DF長友佑都(30=インテル)に代わり、婚約者の女優・平愛梨(31)が白のドレス姿で登壇した。

 

「この賞を手にして驚いています。すてきな賞をいただきました」と涙声であいさつし「みなさんにアモーレと温かく声をかけていただきました。遠距離の私たちには大きな力になった。プライベートな会話で『僕のアモーレはどうしてる?』とか言っていたのですが、(公の場で言われるのは)びっくりしました」とエピソードを披露した。

 

 長友へのコメントを求められ「末永くお願いします」と幸せなそうな表情を浮かべた平は、生島から「華燭の典は?」と問われると「年末に長友さんと2人で一緒にお伝えできたら」と挙式日程を発表することを明かした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【四日市競輪】GⅠ全日本選抜競輪
新田祐大が6回目のGI制覇を達成!

「平昌五輪」特集
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!