• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > トランプ支持のイーストウッド監督のツイッターが削除されネット騒然

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ支持のイーストウッド監督のツイッターが削除されネット騒然


<ハリウッドオンライン>米大統領選中にドナルド・トランプ候補(70)を支持したハリウッドセレブはごく少数だったが、その一人がクリント・イーストウッド監督(86)。ところが、トランプ氏の勝利を同監督が祝福したとされるツイッターのアカウントが今週、運営側によりすぐに削除され、ネットで大騒ぎになった。

 

 米紙ニューヨーク・ポストによると、同監督がつぶやいたとされるのは「ありがとうアメリカ。私の余生は長くないが、これで最後の数年間が偉大なものになる。感謝してもしきれない#トランプ大統領」というメッセージ。ツイート主は@イーストウッドUSA。

 

 その内容が不適切と判断したのか、ツイートが発信されて間もなく、ツイッター運営側はこのアカウントを凍結、その後削除した。ネットユーザーらは、この判断を「検閲」だとして猛反発。運営側を批判するツイートが丸1日続いた。

 

 だがその後、問題のツイート主がイーストウッド監督になりすましていたことが判明した。監督の実の娘で女優のモーガン・イーストウッド(19)が自身のツイッターで「父親になりすますのはやめて。父親がソーシャルメディアの使い方なんて分からないのは誰でも知っていることだから」と訴えたからだ。

 

 それでもネット上では、運営側の検閲行為に対する怒りの声であふれた。あるユーザーは「“われわれの”次期大統領を支持することは“ヘイトスピーチ”だって正式に決まったらしい」と皮肉たっぷりにツイートした。

 

 イーストウッド監督は選挙運動も大詰めに近づいた8月、米雑誌「エスクワイア」とのインタビューで、現代社会は偏見や差別にならないよう、あまりに言葉の表現にとらわれ過ぎて「軟弱な時代になったものだ」と嘆き、「そんなくだらないものは放っておくべきだ」と一刀両断にした。

 

 トランプ氏の“暴言”については「正直な自分の気持ちを言っているだけだ」とし「(偏見や差別を常に考慮しなければならない)言葉や表現にこびるのは、もうみんな内心うんざりしているんだ」と言い放った。

 

 もし監督がホンモノのツイッターアカウントで、こんなメッセージをつぶやいていたら、運営側はやはり不適切として削除するのだろうか?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!