• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 徳之島で新YAZAWA伝説!「伊勢エビ消えた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳之島で新YAZAWA伝説!「伊勢エビ消えた」


矢沢永吉

 矢沢永吉(67)がこの夏、鹿児島県の徳之島で新たな“YAZAWA伝説”を作っていた。

 矢沢は6月末、鹿児島県の九州本島部分と沖縄本島の中間ほどに位置する離島である徳之島(人口約1万1700人)で、島民限定の無料シークレットライブを行った。きっかけは「矢沢さんの長年の親友が徳之島出身で、ずっとオファーをかけていた。それが今年、矢沢さんが『ライブ、やっちゃおうか』と急に開催が決まったそうです」とは島民。

 6月に入り、島じゅうに「永ちゃんがライブやるらしい」と噂が流れ、ライブ開催の3日前に告知された。矢沢は来島から島民の度肝を抜いた。

「飛行機で来るのかと思ったら、自家用クルーザーで来たんですよ! その雄姿に島民は『やっぱりYAZAWA、ヤベー!』と大興奮でした」(前出島民)

 ライブは大盛況。8曲ほどを熱唱し、恒例のタオル投げも行われた。MCでも“矢沢節”が炸裂した。

「徳之島ではヤギが食えるって聞いたんだけどさ、牛も食えるみたいじゃん。やっぱビーフだよね! ビーフ!」とあおれば「徳之島のみんな、やっちゃえ、日産!」と自身の出演するCMのセリフもサービス。これに島民は「ワイド! ワイド!」(闘牛の掛け声で「オー!」「やったー!」の意の方言)と応じ、夢の一夜となった。

 矢沢の心意気に、徳之島は全島をあげて異例のもてなしだ。天城町、伊仙町、徳之島町の3町が結束して、伊勢エビ漁師に声を掛け、名産の「伊勢エビ」を島じゅうからかき集めた。

「伊勢エビは簡単に取れるものでなく、漁師にとって秘密のポイントがそれぞれある。あの日ばかりは、徳之島から全ての伊勢エビが消えた。全部矢沢さんに届けられました」(別の島民)。その結果「島から伊勢エビが消えた一日」とすでに伝説となった。さすがYAZAWAだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!