• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 新婚のイジリー岡田 新妻は「ベロを絶賛してくれる」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新婚のイジリー岡田 新妻は「ベロを絶賛してくれる」


左から「しーくいーん」の日野麻衣と三田寺理紗、イジリー岡田、永島聖羅

 年下のネイリスト女性と再婚したタレントのイジリー岡田(52)が2日、都内で自著「イジリー岡田のニッポンのアイドル」発売記念イベントを開き、おのろけ全開で幸せを語った。

 7月にハワイで挙式したといい「僕の誕生日の9月23日に入籍しました。おととい(9月30日)に披露宴パーティーをしました」と明かした。

 入籍後、取材に対応するのは初めてで、新妻については「仙台出身で37歳。メガネをかけると仲本工事さん(75)似」という。すでに同居している。

 イジリーは伝説のお色気番組「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)で披露した“高速ベロ”でブレーク。もし、アレを見ていれば結婚を渋られる可能性もあったが「『ギルガメ』は(仙台では)やっていなかったんです。ラッキー。エロい(ネタ)のを全然知らない」とニヤリ。

 ただ、披露宴パーティーで「ギルガメ」の名場面などを編集したビデオが上映され、妻はイジリーの活動を知ったという。しかし、妻はドン引きすることなく「ベロを絶賛してくれます。僕のことをイケメンと言います」と胸を張った。

 妻は舌技にホレたのではと聞かれと「そうではない!」と反論。中身とルックスで人生のパートナーと決めてくれたと主張した。

 今後も“高速ベロ”は続行することを宣言。「あえて指輪をつけて(アイドルを)なめようと思う。奥さんはいるけど、こういう(ゲスな)仕事をやっているというカッコよさというか」。批判上等――これまでの芸風を貫く。

 イベントには所属事務所の後輩で元「乃木坂46」のタレント・永島聖羅(22)、グラドルコンビ「しーくいーん」(日野麻衣=21、三田寺理紗=24)が祝福に駆けつけた。サプライズでイジリーの実母も会場後方で見守り、存在に気づいたイジリーは思わずビックリだ。

 同書では、昭和から平成のアイドルオタクを自認するイジリーがアイドルを語り尽くしている。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!