• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 長谷川豊アナ テレビ大阪「ニュースリアル」降板に無念も謝罪

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷川豊アナ テレビ大阪「ニュースリアル」降板に無念も謝罪


フリーアナウンサーの長谷川豊

 テレビ大阪の報道番組「ニュースリアルFRIDAY」でMCを務めるフリーアナウンサーの長谷川豊(41)が29日、同番組を降板することが分かった。テレビ大阪が明かした。

 

 長谷川アナは9月19日付の自身のブログ「本気論 本音論」で人工透析患者を中傷するような発信をしていた。

 

 同局は、翌日にはこれを把握。長谷川アナと話し合いの場を持ち、注意を行ったが、降板という決断に至った。

 

 同局は「9月19日のブログで行き過ぎた内容があり、多くの人に著しい不快感を与えた。その後、タイトルを修正したとはいえ、何よりも言葉を大切にしなければならない報道番組のキャスターとして、不適切な発信と言わざるをえないと判断した」との発表を行った。長谷川アナは30日の放送から降板する。

 

 なお、先日の改編会見で、長谷川アナは討論アニメ「ペペペペン議員」で声優デビューすると発表されていた。同局は「出演しない方向で制作委員会で協議中です」としている。

 

 一方、長谷川アナは同日、問題となった「本気論 本音論」とは別のブログ「長谷川アナの夢の日を越えていこう!」で心境を告白。降板報道を受け、「なんでこの見出しになるかなぁ…」と題してブログを更新し、「こういう書かれ方になるんですねぇ…。残念だなぁ…。悔しいなぁ…。僕は絶対に『透析患者』を『中傷』なんてしていないのに…」と無念を言葉をつづった。

 

 そして「大阪のみんな、本当にごめん。大阪の未来だけを真剣に考えてキャスターを勤めてきたつもりでしたが、こんなことになっちゃいました。もっと、もっと、大阪の未来と発展を報道していきたかったけれど」とつづり、「僕は今でも間違った内容を書いたつもりはないです。でも、こうなるんだなぁ…。久しぶりにとても悲しい思いを味わっています」とあきらめきれない気持ちを吐露した。

 

 それでも「でも、イヤな思いをさせた人もきっと多くいたはず。そこはちゃんと反省しなきゃ!」と自分に言い聞かせ、「ひとしきり落ち込んで。ひとしきり反省して。気分入れ替えて、もう一度成長しよう。夢の日を超えていくために」と締めくくった。

 

 その後、長谷川アナはブログ「本気論 本音論」も更新し、「ニュースリアル」降板の経緯を説明。「明日より出演不可となりました。画面上でみなさまへのご挨拶すら出来ず、本当に本当に申し訳ない思いで一杯です」と謝罪し、「相変わらずの未熟者です。情けない。本心を言うと、さすがにテレビ上の発言ではなく『ネットのブログのタイトルの文言』が、テレビ大阪の仕事を『降板』というところまで発展するとは夢にも思ってはいませんでした」と自身の軽率さを反省した。

 

「一人でも多くの方に…と煽り過ぎたタイトルをつけ、結果、多くの方に不快な思いをさせ、ニュースキャスターの仕事も失う結果となりました。楽しみにしてくださっていた多くの方々に、もう一度改めて心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と重ねて謝罪した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕! new
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!