• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 松嶋菜々子主演ドラマ大コケでTBSは主演ハク奪

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松嶋菜々子主演ドラマ大コケでTBSは主演ハク奪


松嶋菜々子

 松嶋菜々子(42)主演のドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)の視聴率が再び5%台に落ち込み、かつての視聴率女王からの陥落が決定的になってきた。

 

 3年ぶりの連続ドラマ主演と鳴り物入りでスタートした同ドラマだったが、初回10・2%の後はひとケタ台に転落し、7・7%→6・8%→6・4%→5・2%→6・7%→5・9%というありさまだ。当初計画されていたシリーズ化も白紙になったという。

 

「ドラマが高視聴率を取った場合、今年の年末にスペシャル版、来年夏にはドラマの映画化。さらにその年の10月にはシーズン2というプランまで持ち上がっていたんですが、この数字では…」(フジ関係者)

 

 低迷は松嶋の次のドラマにまで影響している。「“負の連鎖”を恐れたTBSは、10月からスタートするドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』を当初の菅野美穂と松嶋のダブル主演から、松嶋を2番手に格下げし、出番も少なくする予定です」とはドラマ関係者。

 

 そもそも松嶋が3年ぶりに連続ドラマに戻ってきたのには、家庭などの事情があった。

 

「松嶋は12歳と8歳の娘2人を英国の全寮制名門バレエスクールに留学させる夢があるんです。そこは学費と寮費だけで、1人年間400万円かかる。それだけに稼がないといけない。だから、フジに続いて2クール連続でTBSにも出演するスケジュールを入れたんです」(芸能プロ関係者)

 

 さらには所属事務所ではもう一人の稼ぎ頭だった井上真央(29)が独立。

 

「事務所としては、井上が抜けた後、松嶋を連続ドラマに復帰させ、高視聴率を取って、松嶋の名声を高めるはずだった」(同)が、前述の通り、真逆の結果となってしまった。

 

 ついに主演の座を剥奪された松嶋だが、娘や事務所のために“賢母女優”を続けるしかない。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!