• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 加藤浩次 相棒・山本圭壱復帰で共倒れ危機!10年ぶり「めちゃイケ」登場直後にスポンサー降板

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤浩次 相棒・山本圭壱復帰で共倒れ危機!10年ぶり「めちゃイケ」登場直後にスポンサー降板


山本(囲み写真)の相方・加藤が各方面に頭を下げて実現したが…

 やはり復帰は強引過ぎた!? 7月30日と今月6日に放送された「めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル!!」(フジテレビ系)で、10年ぶりに地上波の番組に復帰した「極楽とんぼ」の山本圭壱(48)をめぐって、同番組のスポンサーが降板していたことがわかった。さらに、芸能関係者が心配するのは「山本の交友関係は大丈夫なのか?」という点。場合によっては、相方・加藤浩次(47)に影響が及びかねないというのだが…。

 2006年7月に、当時10代だった少女に対する淫行騒動で、所属していた吉本興業に契約を解除され、地上波から遠ざかっていた山本。約10年ぶりに出演した「めちゃイケ」では、加藤が「当たり前じゃねえからな、この状況! これ逃したらなんにもねぇんだ」と言い聞かせ、山本は号泣した。

 他の出演者からも厳しい声が上がった。山本は加藤とともに「本当に10年間すみませんでした」と出演者やスタッフ、視聴者らに頭を下げて謝罪した。
 同番組は今月6日、前週の未公開シーンを流すという、異例の2週連続放送に踏み切った。この放送を受け、ネット上では「加藤の男気に感動した」「そろそろ復帰させてもいいのでは?」という声もあった。山本が加藤と行う“全国ざんげライブツアー”(9月3日スタート)のチケットが発売後、数分で完売する人気ぶりだ。

 だが12日、同番組の有力スポンサー「日清食品」が山本復帰の番組放送後、スポンサー契約を解除していたことが判明した。そもそもテレビ関係者からは、山本の地上波出演にはシビアな声が上がっていた。

「山本の完全復帰は厳しい。まず、吉本興業が山本を許していないのが最大のネック。テレビ的にも、不起訴だったとはいえ、淫行騒動を起こした山本は、スポンサー収入に直結するF1層(20~34歳の女性視聴者)へのイメージが悪すぎる。今回は反応を見たのでしょうけど、平均視聴率11・9%は“劇薬”を投入したのに大して良くなかったということ。私なら絶対に起用しない」(某テレビ局プロデューサー)

 実際に6日放送の「めちゃイケ」の平均視聴率は6・8%にまで急降下してしまった。

 一方、日本テレビは今月初めの定例記者会見で、編成局長が「山本さんの出演に関しては検討もしていない」といち早く番組出演を否定。日テレは、加藤がメーンMCを務める朝の情報番組「スッキリ!!」を放送しているが、そこに山本が登場する可能性を完全排除した。

 これだけテレビ界が山本の復帰に難色を示しているのに、どうして「めちゃイケ」に約10年ぶりの出演を果たすことができたのか?

「すべては加藤の尽力によるもの。周りには反対の声も多かったが、加藤自身が何度もスポンサーなどに足を運んで頭を下げたことで、山本の出演が実現した。加藤の熱意は相当なものだったようだ」(芸能関係者)

 淫行騒動が発覚した当時、加藤は「スッキリ!!」の冒頭で山本の不祥事を伝える原稿を涙ながらに読み上げて謝罪。その後も加藤はたびたび番組で山本を話題に出すなど徐々に外堀を埋めながら、ついに復帰にこぎつけた。

 誰が聞いても美しいコンビ愛だが、加藤が自らの意志を押し通して山本復帰の道を作っただけに“万が一”が起こったときの加藤を心配する声は少なくない。

「山本には面倒を見てもらっている多くのタニマチがいるが、本人が知ってか知らずか、なかには反社会勢力とのつながりを疑われる人物もいたようだ。さすがにもう清算したとは思うが、もしそういう関係が発覚したら、山本の芸能生命はもちろん、周囲の反対を押し切ってまで復帰の道を作った加藤自身も、多大な不利益を被る可能性が高い」(同)

 さらに、芸能プロ関係者は「吉本さんが山本の復帰をかたくなに認めないのは『タニマチに反社会勢力とつながる人物がいるのでは?』と疑いを持っていることも一つの要因。もし復帰させてからそれが発覚したら、吉本さんにとって責任問題になるから」と指摘した。

 周囲の反対を押し切ってまで復帰の道を作った加藤のためにも、今後の山本にはより一層、自覚ある行動が求められそうだ。

(本文中の視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!