• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 超人気グラドル・吉木りさ&和田正人のデート現場を独占撮!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超人気グラドル・吉木りさ&和田正人のデート現場を独占撮!


7月6日夜、三軒茶屋で和田(右)と肩を寄せ合い歩く吉木りさ

 超人気グラドルの吉木りさ(29)に初スキャンダルだ。今月6日の夜、東京・世田谷区三軒茶屋で俳優集団「D―BOYS」の和田正人(36)とラブラブデートする姿を独占キャッチした。ほろ酔いなのか、おなじみの高音ボイスはいつもの2割増し。恋人に「今日何系? 家飲み系~?」と猫なで声で甘え、周囲の目も気にせず、手をつないだり、肩を寄せ合いながら和田の自宅マンションに消えていった。そのころには日付は変わり七夕。ようやく現れた“ひこ星”と幸せになれるか――。

 誰が聞いても「あの子だ!」とバレてしまう? 七夕を翌日に控えた6日夜、三軒茶屋に鼻の詰まったような高音ボイスが響き渡った。

「どうするぅ? 今日何系? 2軒目行っちゃう系? それとも家飲み系~? きゃはは!」

 特徴ある声の主は、バラエティー番組やグラビアで大活躍中の吉木。お気に入りの丸形メガネにブルーのアウター、ロングスカート、厚底サンダルというラフな格好だった。これらの服は、本人のブログやツイッターでも確認できる。

 マスクもせず無防備な吉木の隣には、ストリート系ファッションのイケメンがピッタリと寄り添っていた。よく見ると、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」(2013年度)やTBS系「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)に出演していた和田ではないか!

 お酒がすっかり回っている吉木はすでに“ニャンニャン状態”に突入しており、和田にしなだれかかったり、顔を近付けたり、手を恋人つなぎしたり…。すれ違う人の中には「あれ、吉木じゃね?」と気付いた者もいたが、2人はそんなことはお構いなし。見ているこっちが恥ずかしくなるほどのラブラブぶりだ。

 結局“家飲み”に決まったのだろうか。2人は徒歩で住宅街へと向かった。途中で「M」というスーパーに立ち寄り、お酒やつまみなど大量の食品類を買い込んだ。その間も吉木は上着を脱ぎ捨て、和田の肩に手を回したり、謎の鼻歌を歌うなどゴキゲン。そのまま相手の自宅マンションに消えていった――。

 部屋に着くころには日付は変わって7月7日の七夕。吉木にとっては和田が“ひこ星”なのだろうか?

 吉木を知る関係者によると、「2人は共通の友人の紹介で知り合い、三茶界隈で遊ぶ仲良しグループでした。真剣交際に発展したのは今年4月ごろ。事務所公認の仲とも言われています」。

 吉木の所属事務所は本紙取材に「彼女ももう大人なので、プライベートは本人に任せております」とコメント。交際を否定しなかった。

 吉木といえば「漫画で9割のことを学んだ」と豪語するほどの“腐女子”で知られる。過去の恋愛経験も散々で、某バラエティー番組では、大学時代にひと目ボレした男性と付き合い始めたものの、彼氏が次々と浮気していることが発覚。

 最終的には何と“6股”をかけられていたことが判明した。そのトラウマから、チャラチャラしたような男性は受け付けない体質になってしまったという。

 デビューして以来、熱愛報道はほとんどなく、ほぼノースキャンダル。過去にはお笑い芸人の小島よしお(35)との熱愛が噂されたことがあるが、その根拠は「共演番組で仲良く隣同士で座っていたから」という、ある意味悲しいモノだった。

「仕事先では真面目でいい子。愛嬌があって“ジジ殺し”と呼ばれている。なぜモテないのか不思議で仕方がなかった」とはテレビ関係者。

 そんな“薄幸女”に訪れた待望の春。27日には29歳のバースデーを迎えた吉木。結婚願望も強いだけにこのままゴールイン、なんてこともありえそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!