• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 永六輔さんがラジオ共演者に残した金言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永六輔さんがラジオ共演者に残した金言


はぶ三太郎(「TBSラジオ」ホームページから)

 永六輔さんが7日、83歳で死去した。永さんが亡くなる5か月前まで、気力を振り絞ってパーソナリティーを務めていたTBSラジオのトーク番組「六輔七転八倒九十分」で、レギュラー出演していたタレント・はぶ三太郎(51)が本紙の取材に応じ、死去を惜しんだ。

 はぶはタレント・毒蝮三太夫(80)の弟子。永さんとは、同番組の前身番組も含めて約25年間、共演した。プライベートでは「三ちゃん」「先生」と呼び合う仲だったという。

 同番組で、永さんの最後の出演は2月22日の生放送分。晩年がそうだったように、この日も車イスに乗って局入りしたという。

「永さんは声が弱っていらっしゃって、生放送中に私たち出演者とトークしていても言葉にならないことがありました。『ウゥ~…』と。あの時、何とおっしゃりたかったかは分からない。伝えたいことがあったはずなのに…。本当に悔しかったと思います。それが私が聞いた最後の“言葉”でした」

 一方で、生前の永さんから授かった金言もあった。一番、印象に残っているのは「日ごろ通ういつもの道も、横丁を曲がってみてごらん。違うモノが見えてくるから」という言葉だ。

「視野を広く持ちなさいという意味だったと思います」。博識で多方面で活躍した永さんならではの教えをそう解釈している。

「おこがましいですけど、『何やっているんだ』とまたお小言をいただきたい」

「六輔――」が終了した後は“教え子”のはぶが同枠(毎週月曜午後6時)とメーンパーソナリティーを引き継ぎ、今月から「いち・にの三太郎~赤坂月曜宵の口」がスタートしている。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!