• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > AKB次世代エース・岡田奈々「そんなにダメだとは思わない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB次世代エース・岡田奈々「そんなにダメだとは思わない」


岡田はAKBの未来を担う18歳

【直撃!噂の美女】今回は、先日行われたAKB48の45枚目のシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」(8月31日発売)の選抜メンバー16人を決める「第8回選抜総選挙」で14位に入り、初の総選挙選抜入りを果たしたAKB48の岡田奈々(18)を直撃した。見た目も内面もバリバリの正統派。真面目すぎるともいわれる素顔とは…。「次世代エース」として今後のグループを背負っていくのは間違いない美女なので、アイドルに疎いオジサンも名前を覚えておいて損はないゾ。

 ――総選挙で14位に入り、初めて総選挙選抜入り

 岡田:みんな喜んでくれました。でも、ファンの方の中には速報順位(7位)から最終的に落ちてしまって悔しかったという方もいました。

 ――5月29日から総選挙直前まで体調不良で休養。その理由について、総選挙のスピーチで「機能性低血糖症」で、摂食障害、嘔吐に悩まされていたことを明かした

 岡田:1年前くらいからちょっとずつ症状が出て。選挙の不安からではなくて、たぶん自分の弱さだったりとかが大きかったと思います。

 ――あの場で話そうと決断した理由は

 岡田:嫌われるのが怖かったから言えなかった部分がずっとあって。でも、14位にランクインして、ファンの方は私を信じて投票してくれたわけだから、私も信じてうそをつかずに言った方がいいと思いました。メンバーに気を使わせてしまうだろうし、これからご飯に誘われなくなったらどうしようと思ったりもしたんですけど(苦笑)。でも、こういう病気を抱えているのは私だけじゃない。励みになれればいいなと。治療していて長い目で見ないといけないですけど、ちょっとずつ改善していってます。

 ――2年前の総選挙で「いつかAKB48を背負う存在になりたい」と語ったことを引き合いに、今回の総選挙で「その気持ちは変わっていない。努力は裏切らないことを伝えられるメンバーになりたい」と決意した

 岡田:何度も悩んで、一時期はAKBのことを考えることが嫌で、投げ出したくなる時もあった。今回休養して自分自身と向き合ってみたら、今後も大好きなAKBを続けていきたいし、もっと盛り上げていきたいなと思って。2年前と気持ちは変わってないなと思って出た言葉でした。

 ――なぜAKBを考えることが嫌になった

 岡田:取材などで「今後のAKB」を聞かれることが多くて。具体的にどうしていきたいかを答えられなかった時、何も出てこない自分がすごく嫌だった。そんな自分が引っ張っていけるのかなと不安が大きくなって…もう嫌だ、という気持ちになったと思います。でも、今は前向きになりました。具体的に言えなくても「今後のAKBをどうにかしたい」って気持ちがあれば、きっとそれは他のメンバーも一緒。一緒に考えて進んでいけたらと思います。

 ――グループの現状はどう見えている

 岡田:私は総選挙が終わって、若手と呼ばれる子が選抜に入ってちょっと変わったんじゃないかと思う。「AKBはもうヤバイ」と言われてるけど、メンバーの気持ちはすごく前を向いている。ダメなところはたくさんあるけど、私はそんなにダメだとは思わないですね。みんなダメダメ言われても、必死に悩んで考えてやっている。そんなグループがすごく好きだし、誇りに思います。

 ――努力する姿を元総監督の高橋みなみさんに重ねる声も多い

 岡田:たかみなさんが大好きで、努力の魂は受け継ぎたい。悩んでいた時もたかみなさんが助けてくれて、「もっと気楽に楽しくやっていいんだよ。あまり気を張らずに」と言ってくれました。

 ――今年から選挙権を持つAKBの向井地美音さん、小嶋真子さんからは岡田さんは「政治家向き」という声も

 岡田:え~! うれしいですけど、絶対向いてないですよね…。私は頭が固くて一つの考えを曲げないタイプ。真面目なのかもしれないですけど、政治ってなるともっと頭の柔らかい、いろんな考え方ができる人じゃないとダメかなって思う。

 ――実は“真面目”はキャラ(作りとして)だったり?

 岡田:いや、キャラでもないですね。真面目というキャラを作ってるわけではなくて、たまたま自分がやってたことが真面目だって言われて、真面目キャラと言われ始めたんです。

 ――真面目か!

 岡田:言われた発端はメンバーの言葉遣いを注意したのがきっかけ。若いうちから言葉遣いが汚くて、将来どうなっちゃうんだろうと思ったんです。でも、今は注意しなくなりました。その言葉遣いがその子のキャラだったりする時もあるので、私が壊しちゃいけないなと思います。

 ――真面目ですね

 岡田:真面目ですか!

 ――東スポと対極にいるような…

 岡田:いやいや、東スポさん、分かってます。覚悟はできてます。

 ――スキャンダルも含めて…ですよ

 岡田:スキャンダル系はそんなに…。私は東スポさんとやりとりできるものがないので、すいません…。そこは指原(莉乃)さんみたいには、やりとりはできないかもしれないんですけども。

 ――真面目か!

 岡田:何かあれば…。やっぱりないです。

 ――今後の目標は

 岡田:選抜の常連が一つの目標です。あとは「AKBは危機」と言われますけど、危機を感じてるアイドルをファンの方は見たいのかな。笑顔や楽しそうにしてる姿をきっと見たいはず。内に秘めて、表はちゃんと楽しい姿を見せたいです。

☆おかだ・なな=1997年11月7日、神奈川県生まれ。血液型=A。2012年にAKB48の14期研究生オーディションに合格。同期の小嶋真子、西野未姫と“三銃士”として将来を期待され、若手のホープとして活躍。36枚目のシングル「ラブラドール・レトリバー」で初のシングル選抜入り。現在はAKB48チーム4の副キャプテンを務める。総選挙は第5回から参加し、圏外→51位→29位→14位。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!