• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > TBS「ピラミッド・ダービー」出演者がヤラセ・捏造暴露

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBS「ピラミッド・ダービー」出演者がヤラセ・捏造暴露


ヤラセを暴露されたTBS

 19日に放送されたTBS系バラエティー番組「ピラミッド・ダービー」の出演者が、“番組から存在を消された”とブログで暴露して波紋を広げている。

 暴露したのは顔相鑑定士の池袋絵意知氏で、番組収録は4月15日だったという。

「珍種目NO.1は誰だ!?」とサブタイトルの付く同番組は、バナナマンの設楽統(43)が司会を務め、「様々なジャンルの一流のプロたちが番組の用意した一風変わったルールの珍種目で対決」(同番組公式ページから)する内容で、池袋氏が出演したのは、何組も登場する双子を“顔の専門家”が区別できるかを競う「双子見極め」コーナーだった。

 池袋氏は17日に更新した自身のブログで「元刑事 小川泰平さん 顔相鑑定士 池袋絵意知 お笑い芸人 藤本敦史さん(東大工学部出身 IQ148以上の天才集団「メンサ」会員) メンタリスト DaiGoさん」のメンバーで出演したことを明かし、「ぜひ、ご覧ください!!」と放送を楽しみにしていた。

 ところが22日の更新では「オンエアを見て唖然、そして怒り、悔しさ。あまりのことに食べ物も喉を通らない。嘔吐きが止まらない」と態度を一変させた。

「収録した内容の順番入れ替えられ、3回戦で脱落したことにさせられ、4回戦目(本当は3回戦目で収録で私も答えている)の部分では私の姿がCGで消されていたのです」「本来3回戦目で私が2組とも正解しているシーンはCGで消されて私は参加していないことに」と、番組の途中から存在を消されたと“告発”する池袋氏。「放送用に順番もルールも変えて、CGで私を消して私が3回戦で脱落したように作り変えているのです」と、本来の展開と違う放送内容になったとしている。

 自身の写真に「脱落」というテロップをかぶせられて放送されたことにも怒りは収まらないようで、「『脱落』なんてルールもなければ、順番が逆で4回戦目を3回戦目と作り変えられて『脱落』とされ、わざわざこんな惨めな画像まで作られて全国ネットでさらし者にされる私」と憤慨し「これは単なるテレビの捏造問題ではなく、マスメディアによる虐待(モラルハラスメント)です」と追及、法的措置も辞さないとしている。

 さらにこの番組が波紋を呼んでいるのは、“やらせ”が発覚し放送が打ち切りとされたフジテレビ系「ほこ×たて」と同じ制作会社グループが手がけていることだ。

「ほこ×たて」は2013年10月20日放送分で「スナイパー軍団VSラジコン軍団」の内容に不適切な演出があったと問題になり、11月にはフジテレビの亀山千広社長が定例記者会見で「番組を盛り上げるために勝負内容に過度な演出を行ってしまった」と謝罪する事態に発展、番組は打ち切られた。

 2年半ほどの時を経て“ほとぼりが冷めた”と思ったか、似通った番組内容で“過度の演出”を行った制作会社も、それをチェックせず放送したテレビ局もその節度が問われ、新たな騒動に発展しかねない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!