• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > キムタク“フラれまくり”主演ドラマ内定もヒロイン選び難航

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キムタク“フラれまくり”主演ドラマ内定もヒロイン選び難航


左から満島ひかり、綾瀬はるか、波瑠

 キムタク神話の“終わりの始まり”か――。SMAPの木村拓哉(43)が、来年1月にTBS系の日曜9時枠のドラマで主演することが内定しているが、意外や意外。早々に決まってもおかしくない相手役のヒロイン選定が難航。人気女優たちにオファーをしても、ことごとく“フラれている”というのだ。SMAPはファンクラブ会報で、5人が個々にコメントを発表し、解散を否定してみせたが、かつての「視聴率男」木村もいよいよ賞味期限なのか。

「表向きは木村からのOKが出ないという理由ですが実際は違います。オファーした女優陣から、次々とスケジュールが調整できないことを理由に、断られてしまうんですよ。もちろんこんなことを木村サイドに報告できない。スタッフは頭を抱えている」(事情通)

 今回、木村が演じるのはどんな難解なオペも絶対にやり遂げるスーパードクター。相手役としてまず白羽の矢がたったのが、木村お気に入りの柴咲コウ(34)だった。ところが…。

「NHKの大河(「おんな城主 直虎」)に入りますからね。当然ですが、収録を理由に早々にオファーを断られてしまったんですよ。なんたって柴咲はドラマ『GOOD LUCK!!』(TBS系)『安堂ロイド』(同)で共演して以来、木村のお気に入り。カメオ出演オファーもNGだった。実は最近の柴咲は、木村と共演を避けているようですね」(芸能プロ関係者)

 引き続き、TBSサイドは今が旬の女優陣に片っ端からアタックするもことごとく断られてしまったという。

「石原さとみや綾瀬はるか、波瑠や満島ひかりなど全員、NGだったそうです」(関係者)

 木村がここまで嫌われる理由だが――。「関わり合うと面倒だということが、業界中に響き渡っているんです。脚本から始まりセットにまで細かい注文が入る。撮影スケジュールは全て木村中心。だから共演者は、たまったもんじゃない。木村主演のドラマを受けると、最低3か月は他の仕事が一切、できなくなってしまうんです」(事情通)

 こんな話も出ている。

「ドラマのタイトルも当初は『ドクター×ドクター』だったが突然、『その男、医師・平幸太郎』(仮題)に変更になったんです。大ヒットした『半沢直樹』を意識したようです。タイトルが変われば当然、役名も変わりますが、木村のドラマの現場は常にこんな状態なんです」(関係者)

 これまで木村主演のドラマがどうにか成り立ってきたのは、有能なスタッフがいたからだという。

「ジャニーズ事務所を辞めたSMAP育ての親・I女史ですよ。彼女はいつも、木村主演ドラマのヒロインを決めるのが簡単ではないことを承知していたので、条件を全てのんでくれる女優を仕込んでから、話を進めていたんです。彼女がいたら今回のようなゴタゴタになることもなかったでしょう。まあ、これだけ多くの女優たちに断られるのは、木村の神通力が落ちていることも確かですがね…」(関係者)

 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)が今年10月に復活するといわれており、木村のドラマは直接対決をあえて避ける形で来年1月に放映時期をずらしたといわれているが、SMAPを取り囲む環境が変わったいまでも、かつての「HERO」(フジテレビ系)のようなヒット作ができるのだろうか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!