• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 乃木坂・生駒里奈 映画初出演の欅坂・石森の初々しさにキュン

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乃木坂・生駒里奈 映画初出演の欅坂・石森の初々しさにキュン


左から石川恋、前田希美、欅坂46の石森虹花、乃木坂46の生駒里奈

 乃木坂46・生駒里奈(20)主演のホラー映画「コープスパーティー Book of Shadows」(7月30日公開)の予告編試写会がこのほど、都内で行われ、生駒のほか欅坂46・石森虹花(19)、モデル・石川恋(22)ら出演者が出席した。

 

 本作は2015年夏に公開された生駒の初主演映画「コープスパーティー」の続編で、生駒は「(続編の話を聞いた時は)単純にうれしかったです。前回よりも共演者も仲良しで、待機所は和気あいあいでした。ホラー映画ですけど、青春映画を撮っているような感じでした」と振り返った。

 

 乃木坂の“妹分”欅坂メンバーで、初の映画出演となった石森は「初めての映画出演が決まった時はすごくうれしかったけど、(撮影で)待っている時もすごく緊張しました。大先輩の生駒里奈さんがすごく優しくて、アドバイスをくださって、安心して撮影することができました」と感謝した。

 

 これに生駒は恐縮しながら「アドバイスできるほど先輩じゃないですけど…。私も続編が決まって不安しかなかった。でも『何事も引いてちゃいけない』と(石森に言った)」と明かした。また「(石森が)マイクを付けるのをすごくてこずっていて。こういうところがかわいいなと。現場が初めてなので、マネジャーさんと私が2人でマイクを付けてあげて…キュンとしました」と妹分の初々しさにやられた様子だ。

 

 そんな石森は「私はすごくホラーが大っキライで、今までまともに見たこともない。出演が決まって前作を見させていただいた時も、目を開けて見ていられなかった。この映画に出られるのだろうかと不安だった」と苦笑いで告白。ただ、共演者たちに救われたようで「現場が明るくて温かくて、出演者の皆さんが話しかけてくださった。どうにか撮影を終えることができました」と話した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!