• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「モー娘卒業」ズッキ 福祉業界の星になれ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「モー娘卒業」ズッキ 福祉業界の星になれ


卒業公演で完全燃焼した鈴木香音(中央)

 ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’16」(リーダー・譜久村聖=19)が5月31日、東京・日本武道館で春ツアー千秋楽公演「EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル」を開催した。“マシュマロ系アイドル”として、人気だった9期メンバーの「ズッキ」こと鈴木香音(かのん=17)は同公演で卒業。今後は「介護福祉士」の資格取得を目指す。そんな鈴木に早くも「福祉業界の星になってほしい!」と期待が寄せられている。

 

 現役最後の日を迎えた鈴木香音は、メンバーと最後のステージを人気曲「One・Two・Three(updated)」でスタートすると、「What is LOVE?」、鈴木のセンター曲「Oh my wish!」で会場を熱狂の渦に巻き込んだ。アンコールでは1万人の「香音!香音!」のコールを受け、鈴木が登場。手紙で5年半の活動を振り返り「大切な事をいっぱい教わったので、私はこれからも自信を持って生きていけます。これからもずっとモーニング娘。のファンでいます。そして、ファンの方のファンでいさせてください。今までありがとうございました!」と涙ながらに感謝の言葉を届けた。

 

 卒業セレモニーでは、後輩の石田亜佑美(19)が「鈴木さんの『笑顔の連鎖』という言葉が大好き。絶対に止めないように、これからは私が(連鎖の)きっかけになれるようになりたい」と涙した。

 

 ラストは話題の新シングル「泡沫サタデーナイト!」からの「愛あらば IT’S ALL RIGHT」で締めくくった鈴木の笑顔は、最後までファンを魅了した。

 

 卒業後は「介護福祉士」を目指す鈴木。トップアイドルの転身表明を受け、福祉業界からは早くも「業界の星になってほしい!」と大きな期待を寄せられている。

 

 同業界は慢性的な人手不足に悩まされており、鈴木が転身することで若い世代に目を向けられるきっかけになるという。

 

 日本介護福祉士会の広報担当者は「10万人ほど働き手が足りないのが現状です。最近、保育士の人手不足や保育園不足の問題が注目されましたが、介護、福祉業界も昔から人手不足問題を抱えています」と説明する。

 

 これまで芸能人から介護福祉士になった例は「私どもの方では存じ上げていないです」(同広報)。実際には、アイドル歌手から女優になった北原佐和子(52)が介護福祉士として活動している。

 

 介護福祉士になるためには現在「国が指定した専門学校で2年間勉強し、国家試験を受ける資格を取り、合格するか、3年間の実務研修で受験資格を取り、合格する方法がある」(同)。

 

 簡単な道のりではないが、鈴木には「介護福祉士になった際には、世間へのPRの象徴になってもらいたいですね」(前同)と、イメージキャラクター就任案まで浮上。笑顔がチャームポイントの鈴木だけに、ぴったりの仕事といえそうだ。

 

 ライブ終了後、報道陣に「この日のライブのためのダイエットは成功しましたか?」と聞かれた鈴木は「5キロやせました! 衣装も知らない間にサイズを小さくされていました!」と満面の笑み。アイドルをやりきった充実感にあふれていた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!