• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 清原被告に有罪判決…軟禁生活の裏に隠された“損得勘定”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原被告に有罪判決…軟禁生活の裏に隠された“損得勘定”


外出禁止生活を送っている清原被告

 軟禁生活で値をつり上げろ――。覚醒剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手・清原和博被告(48)に31日、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が言い渡された。17日に開かれた初公判で、検察側は懲役2年6月を求刑。3月の保釈時に書面を通じて「いつか機会をいただき、直接皆様に謝罪したいと切に願っています」とコメントした清原被告だが、いまだ会見などの予定は立てられていない。関係者によると、今も「ほぼ軟禁状態のまま」。大好きな酒はおろかレストランでの食事もできない外出禁止生活の裏には、あるしたたかな“損得勘定”があった。

 初公判の法廷で清原被告は「プロ野球を目指す少年たちに申し訳ない」と謝罪。「現役時代はストレスや不安を野球で解決できたが、引退後は解決方法がなくなり、薬物に負けた」と涙で声を詰まらせ「薬物を絶つためには何でもやりたい」と誓った。

 裁判所では殊勝な姿を見せていたが、報道陣の前で謝罪、質疑応答をする予定は立っていない。

 2月2日深夜の逮捕からやがて4か月。ようやく区切りの日を迎えたものの、逮捕以前は違法薬物使用を否定するウソをつき通した。その言葉で裏切ってしまった全国のファンや友人・知人、仕事関係で世話になった人たちへの“直接謝罪”はまだ済んでいない。こんな中ぶらりんな状態で、この先どこでどう生活するつもりなのか。

「以前から交流があって“キヨを支えてあげよう!”と動いている支援者グループの庇護の下にはいるようです。でも、直接会っているのは、弁護士を含めたごくわずかな人だけ。居場所も都内某所ということしか聞かされていませんし、全ては極秘扱いだそうです」とはある事情通。

 罪を認めて裁判も終わったのだから、謝罪会見を開いてそのまま更生施設に入るなりして生活を立て直すべきだとの声も聞こえる。

 だが「基本的には、いまいる場所から一歩も外に出るなと命じられているそうで、清原さんもその指示に従っているようです。だから、少しでも快適に過ごせるように大画面のテレビもあったり、住環境は完璧に整えられているらしいですよ」と同事情通。

 とはいえ、一歩も出ないとなれば食事は不自由しそうなもの。

「支援者グループの中には食事を届ける係もいるそうです。食事といっても、清原さんが料理できるわけではないので、デリバリーできるレトルト食品のようなものをスタッフがいったん受け取って、本人に届けているそうです」(同)

 これほどまでに徹底管理されていては“軟禁状態”と言えそうだが、周囲がそこまでするのは、清原被告の精神状態に問題があるからだという。

「拘束されて、保釈後は病院に入ってクスリを抜いた状態といっても、まだマスコミの前に立てるほどの精神状態ではないという結論ですね。精神的に不安定になることもあるそうですし。酒井法子さんのように会見してしまえばというのもプランの一つにはあるようですが、今の段階ではメディアの厳しい追及には耐え切れず、叩かれるだけで終わるだろうという判断だそうです」(同)

 だからこそ、当面は徹底して隠し通す必要に迫られているというのだ。しかも“隠すこと”により大きなメリットが生じるとも。

「このままいけば、テレビの世界に戻る時にはどこかで独占ということになるでしょうが、視聴率も見込めるとなればテレビ局もギャラの面など、いろんな意味でヘタな扱いはしないでしょうからね」(同)

 初公判時の各局情報番組の視聴率は軒並みアップしたと報じられた。テレビ界での清原被告の“価値”はやはり高い。より良い条件を引き出すにも今は隠すことが大きな得につながるということのようだ。

 清原被告本人は生活費にすら困るほど困窮しているとの情報もある。生活がすさんでは、さらなる精神的不安定に陥るリスクも高まる。違法薬物への逃避願望が頭をもたげると、カネを工面してでも手を出す再犯も起こしかねない。そう考えれば、少しでも収入を増やして生活を安定させたいと思うのも当然だろう。

 いずれにせよ、正々堂々とメディアを通じて頭を下げなければ新しい人生のスタートは切れないはず。そのときはいつになるのか…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」 new
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!