• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SKE48連載・12】鎌田菜月を支える「熱くて濃い」ファンの存在

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SKE48連載・12】鎌田菜月を支える「熱くて濃い」ファンの存在


選抜入りへ照準を合わせている鎌田

 SKEはこれまでの選抜総選挙で何度もサクセスストーリーを生み出してきた。大矢真那、松村香織、柴田阿弥らがランクインをきっかけに大きく飛躍。人気メンバーへと成長している。今回、新たな物語を作り出すかもしれないのが鎌田菜月(19)だ。熱くて濃い“鎌田ファン”からの支持をバックに6期生4人目の選抜入りへ照準を合わせている。

 

 ――昨年は70位にランクイン

 

 鎌田:すごくうれしかったんですが、同時に悔しい気持ちも出てきて。速報からガクンと落ちて踏ん張りきれなかったのは残念な気持ちでした。

 

 ――今年の目標は

 

 鎌田 今年は昨年の速報でいただいた33位を目指したいと思います。

 

 ――昨年ランクインしたことで変わったことは

 

 鎌田:まわりの人からの評価ですね。メディアや大人の方の目がちょっと変わったかなというのはあります。それと去年、6期生でランクインしたのが北川綾巴ちゃん、東李苑ちゃん、熊崎晴香ちゃんと私なんですけどその中で唯一、選抜入りしていないのが、私なんですよ。ファンの人も選抜入りを視野に入れて応援してくださる方が増えたのはすごく感じます。

 

 ――先行する同期に追いつきたいという気持ちはある

 

 鎌田:熊崎晴香ちゃんは純粋に前を向いている子なんです。去年の総選挙のころから「綾巴と李苑に2人で追いつこう」「選抜に入ろう」と言ってくれます。私はアイドルとしての自分に自信はないんです。自分のことをかわいいと思ったことはないし、ダンスも踊れないし、トークもできるわけではないので。でもそのことに対してファンの方が真剣に受け止めて返してくださるので、すごく助けられています。ファンの方が出してくださった結果に見合う人になろう、アイドルとしてやれることをやりたいと思うようになりました。

 

 ――SKEの選抜になれるのは16人前後。意識するようになった

 

 鎌田:なりましたね。全国ツアーでも今までだったらお留守番組だったんですが、ツアーのメンバーに選んでいただけるようになりました。

 

 ――選ばれるようになったのは選挙のおかげ

 

 鎌田 それはあると思います。選挙や握手会など目に見える形で(結果が)出てきたのはすごく大きいと思います。今までアンチの人からは「鎌田はネット人気だけだ」と叩かれていたんですよ。それもちょっと悔しくて。でも自分には自信がないので…。それが目に見える結果としていろんなところに出てくるようになったので最近はそういう方も静かになりました。

 

 3月には収録時刻の関係で出演できなかった年少の選抜メンバーの代わりに「CDTV」(TBS)に出演して最新シングル「チキンLINE」を歌った

 

 鎌田:メディアに出していただくと親や友達よりファンの方がすごく喜んでくれるんです。「テレビに出ていてビックリしたよ」って握手会で泣いてくださって。その次にあるものを重ねてくださる方もいます。「選抜の中で自分の衣装で踊れる日が来るのを楽しみにしているから」と…。私は目の前のことでいっぱいいっぱいなんですけどファンの方はその次を期待して見てくれるので大きな存在ですね。気付かされることがたくさんあって。

 

 ――熱いファンが多い

 

 鎌田:濃い方が多いと思います。そして古参の方が多いんです。卒業された平田璃香子さん(1期生で初代SKEリーダー)、古川愛李さん(2期生)、秦佐和子さん(3期生)のファンだった人が今は私を応援してくださっていて、私よりこの世界では先輩なんです。

 

 ――今度の総選挙はSKEの選抜入りへの足がかりになる

 

 鎌田:それはあるとは思います。柴田阿弥さんはずっと握手会の人気も上位だったのに、何で選抜に選ばれないんだというファンの人の思いが爆発してあの順位(2013年の総選挙で前年圏外から17位にランクイン→以降SKEの選抜に定着)があったわけだし。そういう意味では、みんなを納得させる力があるのは総選挙なのかなと思います。もちろんそれが全てではないですし、それに頼りすぎることはダメで実力が必要ですけど。

 

 ――松村香織さんは総選挙でAKBの選抜にまでなった

 

 鎌田:香織さんのようにファンの人が応援していて楽しい人は私の憧れです。押し上げがいがあるというか、みんなで何かを成し遂げていくというか。そういうのを思って活動していけるのは48というグループならではの醍醐味だと思いますし、こういうところだからこそダンスも歌もトークもできないけど、ファンの人に支えられてアイドルをやれるのかなって思いますね。

 

 ――確かにダンスも歌も苦手といわれている松村さんも総選挙後のSKEシングルで選抜になっている

 

 鎌田:い、いえ…。か、香織さんはトークはすごいので…。本当に…。

 

〈次回は川崎成美が登場〉

 

☆かまた・なつき=1996年8月29日生まれ、愛知県出身。13年SKE48第6期生に合格。15年3月にチームEへ昇格。選抜総選挙は昨年70位で初のランクイン。

 

※6月16日(木)発行の中京スポーツ(中部地区で販売)ではSKE48の特集記事を掲載。鎌田菜月をはじめインタビューメンバー14人の直筆サイン入りチェキプレゼントもあります。

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!