• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 夏帆の相手“怪優”新井浩文「驚愕」素顔

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏帆の相手“怪優”新井浩文「驚愕」素顔


初スキャンダルが報じられた夏帆

 実力派女優・夏帆(24)との熱愛報道、NHK大河ドラマ「真田丸」の加藤清正役で注目度と人気が急上昇なのが“怪優”新井浩文(37)だ。なにせ演じる役が一癖、二癖あるキャラばかり。「あの夏帆が、なんで新井なんだ?」といった声が聞かれるのも、ある意味仕方ない!? だが、周辺を取材すると、13歳の年の差をものともしない“意外すぎる一面”を新井は持っていた――。

 

 今年、映画「海街diary」で日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞し、女優として注目され始めた夏帆。そんな夏帆の初スキャンダルの相手が新井だ。

「業界内にもひそかに夏帆のファンは多く“なんで新井と?”と、肩をガックリ落としている人も少なくないんです。年齢もそうですが、問題は新井の風体です。以前までは演技派でちょっと癖のある俳優としか思われてなかったですからね」(テレビ局関係者)

 

 確かに最近の新井というと「イケメン」と評されることは多いが、俳優として演じるのは、いずれも一癖も二癖もある役ばかりだ。

 

「NHK『真田丸』の加藤清正も、『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で演じる小津翔太役もそうですが、エキセントリックで触っただけでこちらがケガをするような感覚を受ける。映画『闇金ウシジマくん』の肉蝮、『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』のマッハPIZZA店長役なども、すべて特徴のある目とコワモテから犯罪者や不良役のイメージが付いている」(映画関係者)

 

 イケメンというよりもむしろコワモテと言った方がピッタリくるのが新井だ。だからこそ若手女優がコロリといってしまうのが不思議だというが、外見からは想像もつかない一面を持つことは知られていない。

 

「ツイッターを見てもらえばわかるんですが、意外とおちゃめなんですよ。撮影現場でも、撮影以外では共演者とじゃれ合っている時が多いし、いたずらも大好きだったり。“コワモテなのに面白い”といったギャップに、コロリといってしまう若手女優がいてもおかしくないですよ」(事情通)

 

 過去には二階堂ふみ(21)との熱愛のウワサもあったほどだ。もう一つの意外性はファンをとても大事にすること。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!