• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SKE48・連載2】小畑優奈 総選挙でランクインして自分を知ってもらいたい

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SKE48・連載2】小畑優奈 総選挙でランクインして自分を知ってもらいたい


“天然でのんびり”が持ち味の小畑優奈

 AKB48選抜総選挙(6月18日)に向けた「SKE48集中インタビュー」の第2回は小畑優奈(14)。昨年3月に第7期生に合格、11月には正規メンバーに昇格するなど、SKE48の未来を担う期待の若手の1人だ。“天然でのんびり”が持ち味のゆななだが、昇格後は挫折や悔しさという、これまでなかった感情とも向き合うことになった。

――昨年は昇格してチームKIIに入ったりと、いろいろなことがあった

 小畑:すごく大変でした(笑い)。話すのも得意じゃないし、すぐに緊張して間違えてしまうんです。だから話す内容を、(野島)樺乃ちゃんなど、同期にあらかじめ聞いてもらったりしてました。

――同期以外にも頼っている人がいる

 小畑:一番頼りにしているのは(同じチームKIIの)荒井優希さんです。新しいポジションに入ったときに、どうしたらいいかわからなくて、レッスン場にいた優希さんに「できないんです」といったら、一緒にやってくださって。アドバイスも頂いてます。すごく頼りにしてます。

――昇格後はいっそう充実している

 小畑:楽しいことが多いですけど、悔しいこともあります。

――いつもニコニコしていますが…

 小畑:だんだん、感じるようになってきました。

――どんなときに

 小畑:最近では(最新シングル)「チキンLINE」の選抜のときです。「ラブ・クレッシェンド」(SKE7人ユニット)のメンバーの中で入れなかったのが私1人だけ、というのがすごく悔しくて。

――じゃあチキンLINEの選抜発表があった日は

 小畑:(ニコニコと)すごく暗かったと思います。

――やっぱり同期で選抜の後藤楽々は気になる

 小畑:気になりますね。どういう活動しているのかな、とか。でも、悔しいですけど、チキンLINEを踊っている姿を見て、すごく頑張っているんだ、努力しているんだ、と感じました。だから応援してますし、自分もあそこを目指さないといけないという気持ちになりました。それに入れなかったこの期間で、もっと自分と向き合っていければいいんじゃないかと気持ちを切り替えました。どこが悪かったのかを考えようと。

――その結果は…

 小畑:公演での表現力や、MC、表情などです。ワンパターンでした。全然足りません。いろいろなパターンができたら、もっとファンの方に楽しんでもらえるし、自分も楽しくなると思います。

――誰を目指してますか

 小畑:目標は須田亜香里さんです。

――そんな悔しい思いも感じながら、2回目の総選挙がくる。立候補も早かった

 小畑:はい(笑い)。テレビで見て、すごいなと思っていた憧れのステージ。少しでも自分の名前を知ってもらいたいのと、少しでも1歩前進できたらと思って立候補しました。

――ファンへも思いを伝えた

 小畑:一度、SKEメールで発信しました。すごく長文だったんですが、ふだん真面目で長い文章は送らないので、びっくりされました。でも、もっと支えていきたいという意見もいただいて、書いてよかったなと感じました。

――具体的な目標は
 小畑:やっぱり、ランクインです。

――ファンの反応は
 小畑:頑張ろうね、一緒に目指そうね、とたくさん声をかけてもらっています。

――ファンとの交流も徐々に深くなっている。握手会は最初は大変だったと思うが

 小畑:話すのも苦手ですぐ緊張してしまうんですが、回数をこなすうちに慣れました。ただ一番最初のときは、一度はやってみたくてワクワクドキドキしていたのに、、いざ始まってみると全然話せなくて、ただ笑っていることしかできなかったですね。

――つらかった?

 小畑:すごく楽しかったです! いろんな意見を言ってくださって、応援しているよとか、たくさん言っていただいて、やっぱりいいな、力強いなと感じました。ものすごく楽しかったから、握手会に慣れることもできたんだと思います。

――ファンの存在はやはり大きい

 小畑:いつも元気をもらってます。いつもいいところ、悪いところを言ってくださる。とてもありがたいです。コミュニケーションも最初と比べたら、取れるようになりました。話せるようになったのも、握手会のおかげです。

――総選挙とは別にトライしてみたいことは

 小畑:もっとチームKIIになじんで、SKE全体になじめるようになって、必要とされるような存在になりたい。演技もすごく興味があります。(自分がセンターの)チキンLINEのチームKIIカップリング曲「キスポジション」のMVで、演技をしたんです。私と(江籠)裕奈さんで地味っ子役なんですけど、カフェで勉強するふりをして、実はイケメンの店員さんが目当て、という内容です。すごく難しかったんですけど、いい勉強をさせていただきました。

――改めて総選挙に向けてメッセージを

 小畑:あこがれのステージなので、私もランクインしてみたいです。もっと自分を知ってもらい、これからの自信にもつながると思うので、今回成長できたらな、と思います。よろしくお願いします。

〈次回は二村春香が登場〉

☆おばた・ゆな=2001年12月18日生まれ、愛知県出身。15年3月SKE48第7期生に合格。11月に正規メンバーへ昇格。チームKII所属。昨年の選抜初総選挙は圏外。

※6月16日(木)発行の中京スポーツ(中部地区で販売)ではSKE48の特集記事を掲載。小畑優奈をはじめインタビューメンバー14人の直筆サイン入りチェキプレゼントもあります。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!