• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【モー娘連載(10)】譜久村聖 モー娘としてかなえたい夢がある

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【モー娘連載(10)】譜久村聖 モー娘としてかなえたい夢がある


リーダーの譜久村聖

【連載・19年目のモーニング娘。(10)譜久村聖】モーニング娘。’16のメンバーが日替わりで登場。今回は9期、リーダーの譜久村聖(19)が、自身のことや同期の卒業について語ります。

【加入まで】私はもともハロプロが大好きで、中でもBerryz工房さんの大ファン。モーニング娘。では6期の亀井絵里さん(2010年卒業)が大好きでした。ハロプロエッグのオーディションを受けて、2008年にエッグに加入。10年8月にモーニング娘。の9期オーディションが4年ぶりに行われることになったので、チャンスだと思って受けました。でも3次審査で一度落ちたんです。

 合格した9期3人のお披露目は11年1月2日の中野サンプラザ公演。私はエッグとしてステージ上にいました。階段状セットに座って、紹介される3人を後ろの少し高いところから見ていたんです。

 すると、つんく♂さんが「あと1名、モーニング娘。に参加させたいメンバーがいます。譜久村、下りておいで」と、ステージ上で突然発表したんです。

 その瞬間、本当に頭は真っ白。コケないように、気を確かにと思いながら階段を下りたこと、嗣永桃子さんが立ち上がってすごく拍手してくれたのだけ覚えています。後になって、泣きながら「うれしいです」と言っている動画を見ましたが、それがなければ何も覚えてなかったと思います。

【同期】えりぽん(生田衣梨奈)は初めて会ったジャンルの人。私が飛び込まないところに飛び込んでいく。先輩に話しかけていったり、マネジャーさんにいっぱい質問したり、エッグにいた私が遠慮していたことをどんどんやっていたから、うらやましくもあったけど、考えが読めず、えりぽんの常識と私の常識が違い過ぎて、最初は“ヤバい! 一緒にやっていけるか心配”と思ってました。

 今、えりぽんとは言葉なしでも気持ちが伝わります。こんなに仲良くなったのはすごいと思います。5年も一緒にやっているとわかりあえるもんだなぁ。

 香音ちゃん(鈴木香音)はとにかく笑顔がかわいくて、オーディションの時から“この子は合格する”と思ってました。モーニング娘。を変える力がある笑顔じゃないかって思うぐらいかわいい。私も癒やされていました。

 当時の香音ちゃんはダンスを習ったことがないし、敬語もまだちゃんと使えてなくて、今まで私が学んだことを伝えられたらいいな、と思ってました。そうやって妹みたいに見ていたのに、今はお姉さんみたいな存在。話し方も言葉遣いも大人だなぁと思う時がたくさんあって、「爪の色変えたんだ」と話しているのを見て“あの香音ちゃんが!”と親戚のように見ています(笑い)。昔と比べると9期の中で一番変わったかも。

 鞘師(里保)は最初から芸能人っぽくて、モーニング娘。に入るために来た子ってイメージでした。服装も黒と銀でかっこいい感じだし、クールなところしか出さなかったけど、2か月ぐらいたったら急に素を出すようになりました。

 鞘師はああ見えてけっこうやらかすんです。「忘れ物しない」と誓ったその日に忘れ物したり、寝坊して飛行機が飛ぶ時間に起きたり。ステージでもソロでワーッと出てきて、ドテッーて盛大にコケてみんな大爆笑(笑い)。そういうのが多々ありました。

 クールなところも、やっちゃうところもそのまま大きくなった感じかな。「9期の前では素を出せる」と言ってくれたのはうれしかった。

【2人の卒業】鞘師から卒業を聞いたのは、発表(15年10月29日)する少し前。2人の時に言ってくれて、びっくりしたし“早いなぁ”と思いました。モーニング娘。は卒業があるグループだから、道重さゆみさんの時は心構えしていたけど、同期からなんて不意をつかれました。大事なことはいつも相談しないんです(笑い)。

 続いて香音ちゃんも卒業します。同期2人が近い時期に卒業を決めて、自分も卒業についてちょっと考えさせられました。(笑い)。でもこのことが“リーダーとして”や“モーニング娘。と自分”について改めてしっかり考える機会になったんです。

 リーダーとしては、みんなをまとめたり支えたりしながら自分を出して、ファンの方に喜んでもらいたい。それから私はモーニング娘。が好きで入ったから、自分が「貢献した」「やりました」と強く言えるものを持ちたいです。

 私にはモーニング娘。としてかなえたい夢がたくさんあります。2人が夢を見つけて頑張ろうとしている姿を見て、私もモーニング娘。として夢をかなえようと、強く思いました。

 ファンの方々に「卒業しないで」と言われるんですが、そんな不安は持たないで、コンサートやイベントを楽しんでください。あと何年とかも考えてないです。

 鞘師は「グラデーション」ツアー(15年春)の武道館で“やりきった”と思えたから卒業を決めることができたと言ってました。私は今はアレやりたいコレやりたいと思ってるけど、いつかやりきったと思える日が来ると思う。卒業を考えるのはそういう日が来てからです。

☆ふくむら・みずき=1996年10月30日生まれ。東京都出身。2014年11月26日、卒業した道重さゆみからリーダーを引き継ぐ。モーニング娘。’16コンサートツアー春〜EMOTION IN MOTION〜開催中。5月11日に最新シングル「泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」発売。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!