• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【モー娘連載(4)】石田亜佑美 卒業はまだ考えられない

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【モー娘連載(4)】石田亜佑美 卒業はまだ考えられない


キレキレのダンスが人気の石田亜佑美

【連載・19年目のモーニング娘。(4)石田亜佑美】もうすぐデビュー20周年イヤーを迎えるモーニング娘。’16のメンバーが日替わりで登場。今回は10期からキレキレのダンスが人気の石田亜佑美(19)が、グループや卒業した鞘師里保への思いなどを語ります。

【加入まで】私、物心がついたころからテレビの世界に憧れがあって、芸能人になりたいと思っていました。ダンスを始めたのは、友達がやってて、私も同じことをしたいと思ったのがきっかけです。

 2011年、ダンススタジオに貼ってあった「10期メンバー『元気印』オーディション」のポスターを見て応募しました。私にとってモーニング娘。は、ただかわいいだけじゃなく、歌も踊りもかっこ良くて、アイドルの頂点のグループ。ダンスをたくさんの人に見ていただけるし、モーニング娘。でアイドルになりたいと思ったんです。

【合格発表】仙台の自宅にスタッフさんが来られて、テレビ画面につんく♂さんからの「合格です」というメッセージが流れた時、自然に涙が流れてました。この涙、加入して1年ぐらいのインタビューでは「うれし涙です」と言ったこともあったけど、今思うと実はなんの涙だったのかよくわからないんです。直後ってうれしいという実感はなかったんですよね。それより驚きだったのかな。

【同期】初めて10期の4人で集まったのは、11年9月29日、お披露目された日本武道館でした。最初に部屋に案内されたのが私で、イスが4つあったから、スタッフさんに「4人ですか?」と聞いたら「まあまあ」と。

 次に来たのが工藤遥ちゃん(16)。オーディションの合宿の時に初めて会って、年下なのにしっかりしてるなぁ。この子と10期になりたいと思ってたからうれしかった。

 でも最初はバチバチしたこともありました。くどぅーはハロプロエッグ出身で私たちよりハロプロを知ってたから、まとめなきゃと考えていて、私も自分がまとめなきゃと思ってたから、司会をどっちがやるか奪い合ったり(笑い)。でも実際にハロプロはどういうものかを教えてくれたのはくどぅー。感謝してます。最年少だったのに最初は無理してくれてたんだと思う。

 その次が飯窪春菜ちゃん(21)。ちょっと意外でした。はるなんは歌もダンスも未経験。私はみんなをライバルだと思って敵視しようと思ってたけど、はるなんは争いごとが好きじゃなさそうで、性格合わなそうだな〜、おっとりされちゃうと苦手だなと思ってました。

 でも全然違った(笑い)。サバサバしているし、言いたいことを言ってくれる。それに相性も良くて、よく「私たちってベストビジネスパートナーだね」と言ってるんです。

 4人目は佐藤優樹ちゃん(16)。正直、この子とはやっていけないと思ってたんです(笑い)。合宿の時、みんな寝る時間を惜しんでダンスの練習してるのに、まーちゃんは鬼ごっこして遊んでたんですよ。

 最初は不安だなと思ったし、入ってからも確かに大変なこともあったけど、まーちゃんって、こちらがへこんでる時にさりげなくそばにいてくれるんです。意識してなのかな? それにまーちゃん見てると嫌なことを忘れようと思える。パワースポットみたいな人。元気ありすぎて疲れることもあるんですけどね(笑い)。

【卒業&加入システムについて】自分が卒業するとかまだ考えられないです。身近だった鞘師里保さんが卒業し、鈴木香音さんの卒業が決まったけど、自分は何をきっかけに卒業を考えるんだろう? まだモーニング娘。にいたい気持ちが大きいです。

 鞘師さんの卒業を聞いた時はひたすら泣きました。鞘師さんがいなくなる…。ダンスバトルどうなるんだろう…。真ん中で引っ張ってくれてたのに…。考えれば考えるほど涙が出て、正直、“そんなのイヤだ!”と思ってました。

 でも本人から「ダンスを学びたい」と聞いて、そうやって自分の道を作り、貫くところはかっこいいなと思えたら、応援する気持ちになれたんです。

 そう考えられるようになってたから、鈴木さんの卒業を聞いた時は泣きませんでした。寂しいけど、鈴木さんも自分の道を選んだんです。福祉のお仕事なんて、鈴木さんらしいじゃないですか。あの笑顔に救われる人が増えるなんてすてきです。

 ステージから鈴木さんのファンの方が泣いている姿をお見かけしたことがあるんですが、悲しいことばかりじゃないよと伝えてあげたいです。

 それより、誰かの卒業でファンの皆さんをずっと悲しい気持ちにさせているなら、私たちがまだまだってことです。今のモーニング娘。も魅力的だと思ってもらえるように力をつけ、そのことをどう伝えていくかがこれからの私たちの課題です。

【この人に言いたい!】鈴木さんはステージ上であまり目を合わせてくださらないんです。私、メンバーとアイコンタクト取るのが好きなのに、鈴木さんはすれ違うときもあまり目を合わせてくれないんです。目が合ってもほほ笑むぐらいで、あの満面の笑みを見せてくれないんです。それが実は寂しくて。卒業までにあの笑顔を引き出したいです。

☆いしだ・あゆみ=1997年1月7日生まれ。宮城県出身。2006年から09年まで楽天イーグルスのチアリーディングスクールに在籍。オーディションを経て11年9月29日からモーニング娘。に加入。モーニング娘。’16コンサートツアー春〜EMOTION IN MOTION〜開催中。5月11日に最新シングル「泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」発売。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!