• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 小日向秀吉が強敵「イッテQ」抜いた!高視聴率の「真田丸」にNHKはお祭り騒ぎ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小日向秀吉が強敵「イッテQ」抜いた!高視聴率の「真田丸」にNHKはお祭り騒ぎ


好演の小日向文世

 NHK大河ドラマ「真田丸」が、8日放送分で19・1%をマークし、これまで日曜夜8時は独壇場だった日本テレビが誇る看板番組「世界の果てまでイッテQ!」(同17・8%)をついに追い抜いた。

「ここ最近は視聴率で『真田丸』とまさに接戦でした。その差はなくなって、ついに1週間前に並んだのです」(広告代理店関係者)

 この1か月間の視聴率を比べてみると、4月3日がイッテ=16・0%、真田丸=17・5%、同10日がイッテ=17・5%、真田丸=17・1%、同17日がイッテ=19・4%、真田丸=18・3%、24日がイッテ=17・9%、真田丸=16・9%と、確かに“抜きつ抜かれつ”のデッドヒートだ。

「4月3日放送は『鉄腕DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり』という合体番組だったため、厳密な比較はできないが、5月1日放送に関しては、イッテ・真田丸とも17・0%とまったくの“同率”でNHK内はお祭り騒ぎですよ。なんたって天下の『イッテQ』と並び、その勢いでこのまま追い越すとみられていました」(制作関係者)

「真田丸」の好調の要因としては主役・真田信繁(幸村)役の堺雅人(42)よりも、父・昌幸役の草刈正雄(63)の好演といわれているが、最近は豊臣秀吉役を喜々として演じる小日向文世(62)の存在感も増してきた。

「確かに“小日向秀吉”の評判が良く、歴代の秀吉のキャスティングの中でもドンピシャと評判。いまや主役を食ってしまったとさえいわれています」(ドラマ関係者)

 そしてついに、真田丸が追い越し、今後も視聴率アップが確実視される関ヶ原の戦いや大坂夏の陣など、見どころ満載。NHKが“裏番組”の強敵「イッテQ」を撃破した形だ。対する日テレ側は対応策が迫られる。

「『イッテQ』は今の日テレの視聴率3冠王を支える礎の番組。それが『真田丸』に負けたとなれば、日テレの勢いも止まりかねない。断念していたイモトアヤコのエベレスト登頂企画の再始動で迎え撃つ覚悟です」と関係者は気を引き締めている。

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!