• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 元おニャン子・荻野智子 兄・フックン離婚騒動のおかげで「キャラ弁」講師に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元おニャン子・荻野智子 兄・フックン離婚騒動のおかげで「キャラ弁」講師に


キャラ弁をアピールする荻野智子

 元「おニャン子クラブ」で現在はタレントとして活動している荻野智子(旧姓・布川智子=47)が13日、名古屋市北区の中京スポーツ(東京スポーツ新聞社中部支社)を訪れ、今月から自身が講師となって名古屋市内で開催するキャラ弁教室をPRした。

 おニャン子クラブでは会員番号33番、元「シブがき隊」布川敏和(50)の妹としても有名だった荻野は、30歳の時に会社員の男性と結婚。現在は3人の子供を持つ主婦として名古屋市内で暮らしている。

「末娘は好き嫌いが激しかったんですが、幼稚園の時にお弁当でかわいいキャラ弁を作ったら完食してくれた。それがきっかけで、いろいろ作るようになりました」と、アンパンマンやトトロなどアニメキャラクターを食材で表現することにはまったという。

 そんな荻野のキャラ弁が注目されるきっかけとなったのが2年前、兄である布川の離婚騒動だった。話題の人となった布川と一緒にテレビ出演した際、荻野がキャラ弁の先生をしていることが紹介されると大きな反響を呼び、その後、ママさんタレントとしてたびたびメディアで紹介されるようになった。

 これまでは自宅でキャラ弁の作り方を教えていたが、今後は月に数回、名古屋の会場を借りてキャラ弁、キャラ食の教室をやっていくつもりだという。

「私のブログを読んでもらえると、どんなキャラ弁を作っているかわかると思います」とキャラ弁教室開催に向けてアピールした荻野。「兄のおかげでキャラ弁のことを多くの人に知ってもらえることができました。いつかは兄妹で食べ歩きや料理の仕事なんかしたいですね」と布川には感謝しきりだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!