• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 杉山セリナが薬物&銃声だらけのメキシコ生活告白「日本に来て幸せ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山セリナが薬物&銃声だらけのメキシコ生活告白「日本に来て幸せ」


メキシコでの生活を語った杉山セリナ

 メキシコ人の父をもつ新人ハーフタレント杉山セリナ(18)が4日、麻薬や腐敗が蔓延するメキシコ北部の現状を描いた米映画「ボーダーライン」(9日公開)のトークイベント(都内)に登場。デーブ・スペクター氏(年齢非公表)を相手に「(幼稚園の)年長から小学校5年生あたりまで」住んでいたメキシコでの驚がく体験を明かした。

 同作の舞台は「世界で最も危険な殺人の首都」の異名を取る国境都市フアレス。杉山がいたのは、そこから南南東に800キロあまり下ったトレオンで、「ディーラーがアメリカにドラッグを運ぶための関所。だからそこを狙って抗争とかいっぱいあった」と語った。

 先月出演したテレビ番組で「生首を切って並べるっていう事件が多かった」などと話したのが映画関係者の目に留まり、同イベントに招かれた杉山。現地の学校に通っていただけに、その証言は実に生々しい。

「学校にも(友達の)お父さんが警察官だけど『マフィアと絡んでるよ』みたいな噂とかありました。だからマフィアのことを悪く言うとちょっと怖いよね、みたいな」と話し「(市民が)マフィアに囲われてんですよ、常に。だから大麻とかも、私の友達の友達がやってたりとか、結構近いところで出回っていた」と明かした。

 また、発砲騒ぎもしょっちゅうあったという。

「例えば夜みんなで食べてるときにパンパン聞こえてくるんですね。銃声があるときは必ず家の電気を消さないと、近くにいることが分かるので。誘拐がいっぱいあって、対策として電気を消すってのはありました」

 こうした壮絶体験を持つだけに、杉山は元プロ野球選手・清原和博被告(48)の覚醒剤事件が日本で大騒ぎになったことを違う意味で驚いている。

「だって、みんな(麻薬を)やってたりしませんか? メキシコでは本当に、大学生のコンパとかで『飲め!飲め!』みたいなのを麻薬でやってたりとか…。『ダメ。ゼッタイ。』って(薬物乱用防止の標語が)あるじゃないですか。(メキシコの学校では)薬物講座、一切ないんですよ。薬物がダメって教えられてなかったら、分からないじゃないですか、ダメって。で、気分がよくなってやっちゃうって人も大勢いると思うので、そういう対策は絶対したほうがいいなって思います」

 こう訴えた杉山は「ホントに日本に来て今こうしていられるのがすごい幸せ」としみじみ語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!