• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【5時に夢中!電撃降板】岡本夏生 業界重鎮を怒らせた“香里奈への舌禍事件”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【5時に夢中!電撃降板】岡本夏生 業界重鎮を怒らせた“香里奈への舌禍事件”


過去に放送された「5時に夢中!」の岡本出演場面。左から、ふかわ、岡本、北斗

 ついに“Xデー”が訪れたということか。タレント・岡本夏生(50)が29日をもって、4年半にわたってレギュラーを務めてきたTOKYO MX「5時に夢中!」を降板した。降板理由の一つとして、先週の生放送時にインフルエンザ感染を告白して「周囲に迷惑をかけた」ことを挙げているが、実はそれだけではなかった。2年ほど前には香里奈(32)に関する“舌禍事件”を起こし、業界の重鎮を激怒させてしまった。その後もたびたび問題発言があり、もはや降板は避けられない状態だった。

 岡本は29日放送の最後に「すべての出来事には理由がありましてね。実は今日が『5時に夢中!』最後の出演なんです」と切り出した。その後、メモを読み上げる形で降板理由を明かした。

「インフルエンザの後、診断書も(持た)ないまま8日のテレビに出てしまったことで、佐々木健介さんはじめ、すべての演者、スタッフの皆さまにとてもご心配をおかけしました」。ただ「お医者さんには5日からは解熱しており、うつらないから8日の勤務は可能といわれています」とも語った。岡本は8日に生出演した際、数日前にインフルエンザに感染していたことを告白した。すでに一定の日数がたっており、周囲に感染することはないと説明したが、この日は佐々木健介(49)が出演しており、健介の妻・北斗晶(48)は乳がんで闘病中であるため、視聴者から番組に批判が殺到した。

 岡本は翌9日、自身のブログに「3月8日からの仕事勤務は可能である」と書かれた医師の診断書をアップし、謝罪したが「視聴者から番組へのクレームが鳴りやまなかったようだ。ただ岡本の言動でクレームや批判が来るのはこれまでにも数えられないほどあり、それらの積み重ねで降板に至った」とテレビ局関係者。

 岡本が起こした“舌禍事件”で、業界を巻き込む大騒動となった最たる例は女優・香里奈(32)に関する発言だったという。

「2年ほど前、写真誌が香里奈のベッド写真を掲載したことについて『乱交パーティーでもしてたんじゃないの?』と言ってしまったのです。これには業界の重鎮が激怒し、番組サイドや岡本本人に猛クレームを入れたと聞いています」(芸能プロ関係者)

 この時も水面下で降板が噂されたが、何とかレギュラーの座に踏みとどまった岡本。その後も持ち味の歯に衣着せぬ発言は一向にやむことはなく、トラブルになることも多かった。最終出演の29日にも番組内で、埼玉・朝霞市の少女誘拐事件に関して、「家出」という言葉を使ってコメント。しばらくしてMCのふかわりょう(41)が「被害者が家出をしたと誤解される発言がありました。おわびして訂正いたします」と謝罪した。

 制作会社関係者は「あまりにも自由奔放すぎる発言をすることから、MXの上層部の中には岡本のことをおもしろく思っていない人もいた。また、岡本と現場スタッフの間の信頼関係も崩壊し、とても一緒に番組を続けていける空気ではなかった」と明かした。

 予測不能な行動、そして舌鋒鋭い発言は、間違いなく岡本の魅力の一つだった。今回の突然の降板劇に、ネット上では「残念」「ショックでかい」といった声が多く寄せられている。 

☆おかもと・なつき=1965年9月12日生まれ。静岡県出身。85年に地元でモデルとして芸能活動を始め、86年にテレビ静岡の深夜番組のアシスタントに起用される。その後東京に進出し、88年に日本テレビ系深夜番組「11PM」のカバーガールに。日清カップヌードルレーシングチームのレースクイーンも務めるなど、水着姿が人気を呼び「ハイレグの女王」と称された。90年代にはフジテレビ系「平成教育委員会」などに出演し、バラエティータレントとして活動の場を広げた。身長165・4センチ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!