• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【モー娘トーク(4)】石田&真莉愛 「16’」もオリコン1位狙う

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【モー娘トーク(4)】石田&真莉愛 「16’」もオリコン1位狙う


新曲について語る牧野(左)と石田

 アイドルグループ「モーニング娘。’16」の12期でルックスNO・1と言われる牧野真莉愛(15)とエースの石田亜佑美(19)が、5月11日発売の新曲について熱い思いを語った。

 

 

 ――鞘師さんが卒業した今は

 

 石田:ダンスバトルの相手がいなくなって、グループを全体で見たときにファンの方は「次は誰が石田と争うんだ」っていう見方をすると思う。でも、私は「誰にも負けないぞ」っていう感じですかね。なんていうんですかね「石田のダンスって、鞘師がいたからかっこよく見えてた」みたいに思われたくない。グループ全体として見たらダメとかは思われたくなくて。「やっぱり石田のダンスが見てて気持ちいい」というふうに思ってもらいたい。

 

 ――自分のダンスは進化している

 

 石田:変わっていると思います。「鞘師さんに負けたくない」だったのが、今は「自分のダンスを見つけよう」と思ってます。(同じ振り付けでも)自分が踊ったら、独自に見えるようなダンスを見せたいです。

 

 牧野:すごい。私はまだ、そう思えるレベルじゃなくって、先輩のまねとか先輩に追いつこうという気持ちでいっぱいです。

 

 ――5月11日発売の新曲「Tokyoという片隅/The Vision/泡沫サタデーナイト」(曲順未定)

 

 石田:「Tokyoという片隅」は今のツアーで披露させていただいているんですけど、激しい曲ですね。譜久村さんとダンスバトルするところがあって、ツアー初日に踊った時にみんなの視線が集まっているのが気持ち良かった。新しいモーニング娘を見せられているのかなと。

 

 牧野:「泡沫サタデーナイト」はみんなで楽しもうぜ、踊ろうぜという曲。

 

 石田:歌って踊って楽しめる。きっとファンの方も楽しんでいただけると思います。

 

 牧野:「The Vision」はどちらかというと「聴かせる曲」ですね。

 

 ――前作の60枚目ではオリコン1位をゲット。これで「14’」「15’」時代で1位を達成。「16’」は

 

 石田:やっぱり16’でも1位を取るしかないなと思ってます。鈴木さんもこのシングルで卒業。卒業後も力になるようにいい結果を残したいですね。

 

 ――鈴木さんといえば海外での人気が絶大。この前のヒューストン公演はどうだった

 

 牧野:私にとって初めての海外ライブだったんですけど、反応が全然違うのが楽しかったですね~。

 

 石田:センターに立って歌った瞬間に歓声が起きたのがすっごくうれしかった! なんかいまでも信じられない。「キャ~!」って言われたんですよ。

      (終わり)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜き、高木菜那が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
チャンピオンカップ(25日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!