• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 女医おおたわ史絵が解説 清原容疑者が覚醒剤を断つ“最良の方法”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女医おおたわ史絵が解説 清原容疑者が覚醒剤を断つ“最良の方法”


おおたわ史絵

 覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)は今後、覚醒剤をやめられるのか? タレントとしても活躍する女医で、薬物依存の実態に詳しいおおたわ史絵は「人間の脳から出る様々な化学物質のうち、覚醒剤は高揚感、多幸感を引き出す化学物質に作用します。使った時の快感を脳が忘れられなくなり、脳が求めてしまう。そのうち薬が入った状態が普通になり、切れるとつらくなるんです」と説明する。

 薬を抜いても元に戻るわけではない。「1週間もすれば薬は体からすっかり抜けます。しかし脳は快感を忘れられず、薬を求めます。一度依存症になってしまうと、薬をやりたい気持ちがなくなる日は来ません。私の患者さんの中にも、やめて10年以上たつのに、急に暴れて手がつけられなくなる人がいます」と明かす。

 では清原容疑者は薬物と縁を切れるのか。「逮捕されたことは、薬物から抜ける最大のチャンス。社会的地位も信頼も全て失い、家族ともどうなるか分からないという、地に落ちるような経験をしました。やめるためにはこういう『底つき体験』がいい足がかりになるんです」(おおたわ)

 とことんまで落ちた経験が薬物に二度と手を出さないという強い意志のもとになるという。とはいえ薬物の再犯率は6割を超えており、簡単ではないのも現実だ。

 清原容疑者が覚醒剤を断つ最良の方法は「『ダルク』のような薬物依存からの回復を目指す施設で、人がやめる手助けをしながら、自分もやめると誓い続けることです。一人で耐えるのではなく、仲間と誓い合いながら克服し続けるしかないでしょう」と指摘した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!