• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【たけしのエンタメ賞】日本芸能大賞・コロッケ 滞在15分でモノマネ七変化

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【たけしのエンタメ賞】日本芸能大賞・コロッケ 滞在15分でモノマネ七変化


モノマネ七変化を披露したコロッケ

 第16回ビートたけしのエンターテインメント賞の授賞式が28日、東京・港区の東京プリンスホテルで行われ、話題の人物が顔を揃えた。日本芸能大賞では、コロッケ(55)が営業先から駆けつけ、モノマネを披露した。

 モノマネタレントのコロッケはこの日、東京・板橋で「コロッケ芸能生活35周年記念コンサート 笑う顔には福来たる!」を開催。スケジュール的に、授賞式出席はかなり厳しかったのだが、昼の部と夜の部の間に“強行軍”で駆けつけた。滞在時間はわずか15分で、すぐにコンサート会場にとんぼ返りした。

 コロッケがここまでして足を運んだのは、尊敬してやまないたけしから表彰されたため。漫才ブームのころはよく一緒に営業で回っていたというが、コロッケにしてみれば、たけしは尊敬や憧れの存在。「たけしさんに選んでいただいたということは、たけしさんに認めていただいたということ。芸人やってて良かったなと思います」と話した。

 たけしから「モノマネタレントの代名詞的な存在になり、唯一の特徴をデフォルメする独特のパフォーマンスはピカソの領域にまで達しました」と絶賛されたコロッケの喜びはひとしお。

「うれしい。ありがとうございます。どなたでやればいいとかありますか? 普通にしゃべってもただの変な人ですから」と前置きして、北島三郎、故淡谷のり子さん、志村けん、田原俊彦、近藤正臣のモノマネで受賞スピーチをし、会場は大爆笑の渦に包まれた。

 司会のガダルカナル・タカに「たけしのモノマネ!」をリクエストされると「怖くてできない。逆に尊敬しているのでどうしていいか分からなくなるので」。畏敬の念を示しつつ「他の人は尊敬してない? 皆さんのこと尊敬していますよ。ただ、やってはいけないことをやっているのはちゃんと認めてますけど、やめるつもりもございません。これからもやらさせていただきます」と芸能生活35周年の“抱負”を語った。

 授賞式を終えたコロッケは「芸能界に入って一番うれしいです。たけしさんにそうやって思っていただけたことが、本当に認めてもらえたような、これからもこれを糧に、賞をいただいたので一生懸命、今以上にふざけます」と笑顔で誓った。

 ただ、たけしの前で芸を披露することは「今までで一番緊張しました」とのこと。「近藤正臣さんが意外に受けなかったので、反省です。今度ちゃんとしたものをやります」と反省して、コンサート会場に戻った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!