• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 坂本冬美 新垣隆氏作曲の新曲に「聞けば聞くほどジーンとくる」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本冬美 新垣隆氏作曲の新曲に「聞けば聞くほどジーンとくる」


新曲「愛の詩」の公開レコーディングを行った坂本冬美。右は新垣氏

 デビュー30周年を迎えた演歌歌手・坂本冬美(48)が16日、都内で新曲「愛の詩」の公開レコーディングを行った。

 

 記念シングルは「北の海峡/愛の詩」(3月2日発売)の両A面で、「愛の詩」を作曲したのは、一昨年に佐村河内守氏(52)のゴーストライター騒動で注目を集めた作曲家でピアニストの新垣隆氏(45)だ。この日は4月に配信予定のピアノバージョンのレコーディングで、新垣氏のピアノ伴奏で新曲を歌い上げた。

 

 新垣氏が歌謡曲を初めて作曲することになったいきさつは、坂本によれば「ウチの事務所の社長が被災地で演奏する新垣さんを見て、歌謡曲を作ったらどうなるんだろうと思ってお願いした。30周年のサプライズ感もあるし、他の人はやらないだろうし、絶対、面白いだろうって」。

 

 肝心の完成度については「今まで30年間、歌ってきていないメロディーだった。聞けば聞くほど、歌えば歌うほどジーンとくる」と大満足の様子だ。

 

 新垣氏は「冬美さんの声のイメージそのものが作曲の手がかりになった。大変な作業でしたが、自然に曲をすくい取るような感じでした」。報道陣から「佐村河内さんには作れない曲ですね?」という問いには「そうですね。私は私の言葉で書いたつもりです」と笑った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!