• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ベッキー裏番組で「ほこ×たて」そっくり番組復活の波紋

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッキー裏番組で「ほこ×たて」そっくり番組復活の波紋


ベッキー不在の隙に…

 不倫騒動で休業に追い込まれたタレントのベッキー(31)が出演していた人気番組に“ヤラセ番組”がぶつけられる――。不適切な演出で2013年10月に打ち切られた「ほこ×たて」(フジテレビ系)を模した新バラエティー番組が、4月からTBS系でスタートすることが本紙の調べでわかった。TBSはベッキー不在の間に視聴率を奪うべく、まさかの“局またぎ”で問題の番組を復活させる。だが、当然ながらバッシングを浴びた番組だけに、業界では非難の声が上がっている。

「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動でベッキーが表舞台から退場した裏で、予想外の“場外バトル”が勃発する。

 ベッキーが出演を見合わせた日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)を倒すべく、TBSが4月から同時間枠で開始するバラエティー番組は「ピラミッド・ダービー(仮)」だ。

 その内容が問題視されそうだ。というのも不適切な演出で打ち切りになったフジ系「ほこ×たて」への“オマージュ”を想起させるからだ。

 お笑いコンビ「タカアンドトシ」が司会を務めた「ほこ×たて」は「矛盾」の語源にちなみ、相反する特技を持つモノ同士が激突する番組だった。一時は高視聴率をマークしたが、悪質なヤラセが発覚して13年10月にあえなく終了した。

 バッシングを浴びた番組が2年半ぶりに“復活”。しかもフジではなくTBSというから首をかしげざるを得ない。

 昨年12月26日、「ピラミッド――」のパイロット版(実験的なお試し番組)がTBS系で放送され「フットボールアワー」後藤輝基(41)、グラドルおのののか(24)、柔道家タレントの篠原信一(43)らが出演した。

「今春の改編でゴールデン帯のレギュラー番組に昇格するわけだけど『ピラミッド――』は『ほこ×たて』のように異なる特技を持つ人同士が対決する内容。しかも『ピラミッド――』と『ほこ×たて』は同じ番組制作会社が担当する。局を変えて“復活”させたと受け取られかねず、業界からは早くも『あり得ない!』『節操がない!』と非難ごうごうです。『ほこ×たて』より対決色を薄くして、ヤラセが起きないように配慮するみたい」(キー局編成マン)

 一方で、芸能プロ関係者は別の見方を示す。

「『イッテQ!』の看板的存在だったベッキーがいない隙に、あえて問題視されてしまうような番組をぶつける可能性もある。“炎上マーケティング”というか…」

「ピラミッド――」の番組制作会社幹部氏は、解散騒動に揺れたSMAPの中居正広(43)と親交が深いという。

「幹部氏は、中居がMCを務めている日テレ系バラエティー番組『ザ!世界仰天ニュース』(水曜午後9時)でも制作の中心的な役割を担っている。中居とは『仰天――』終了後に食事する仲。『ピラミッド――』では当初、中居のキャスティングも噂されていたけど、国民的な関心事に発展した解散騒動でその目は完全にないでしょう」(前出関係者)

「ピラミッド――」のスタートにより現在、久本雅美(57)と「オードリー」のMCでTBS系午後8時枠で放送されている「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」は終了となる。

 ヤラセ番組が“局またぎ”で“復活”するというウルトラCには、ベッキーの不倫、SMAP独立の2大騒動がつながっていた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【四日市競輪】GⅠ全日本選抜競輪
新田祐大が6回目のGI制覇を達成!

「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!