• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > マツコ一押しの元日テレアナ・上田まりえ 松竹芸能入り発表!女優業も視野

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツコ一押しの元日テレアナ・上田まりえ 松竹芸能入り発表!女優業も視野


タレントに転向した上田まりえ

 1月31日をもって日本テレビを退社した上田まりえ(29)が1日、フリーに転向しタレントとして公式ブログを開設。大手芸能事務所・松竹芸能の所属になり、今後は「文章を書くこと、お芝居…挑戦してみたいことがたくさんあります」と意気込みをつづった。

 

 タレントしては29歳の“オールドルーキー”の上田だが「昨日までは日本テレビのアナウンサーでした。そして、今日から松竹芸能に所属し、タレントとして活動を始めます」と初々しく語る。

 

 日本テレビに2009年に入社し、「およそ7年間、アナウンサーとして仕事をしてきました。3年ほど前からより幅の広い表現に取り組んでみたいという気持ちが生まれ、この先どうするか、どうしたいか、どうするべきか…すごく、悩みました」と心の葛藤を伝えた。

 

 マツコ・デラックスにその才能を見いだされ、イチ押しされた大器でもある。しかし本人は謙虚だ。「華も、才能も、特に取り柄もない私が7年もアナウンサーの仕事を続けることができたのは、みなさまのおかげです。人に恵まれ、運に恵まれ、ここまで来ることができました」

 

 昨年12月21日放送の同局系「月曜から夜ふかし」のVTRで「私ごとで恐縮ですが、1月末で日本テレビを退社することになりました」と報告。MCのマツコ・デラックスが「上田がフリーになるわよ。何をするつもりなのかね? 女優? 主演映画のオファーとかきてるのかしら」と笑わせた。

 

 素朴な人柄とは裏腹に夢は大きい。実際、本人も女優業にも色気を見せる。

 

「ナレーション、声優、ラジオ、バラエティー、文章を書くこと、お芝居…挑戦してみたいことがたくさんあります。みなさんに楽しんでいただけるようになることが、今の私の一番の目標です」

 

 野球が大好きだといい「たくさんの方と、心のキャッチボール、会話のキャッチボールができたらいいな」と、まるでアナウンサーの面接試験の際、言うような上手なコメントを駆使して抱負を語る。

 

 入社した事務所には笑福亭鶴瓶、よゐこ、森脇健児、ますだおかだ、TKO、堀ちえみ、キンタロー。ら人気者がずらり。

 

 先輩に向け「まだタレントとして“梅”の実も成っていないような私ですが、“竹”、“松”と成長していけるように頑張りますので、ご指導のほど、宜しくお願い致します!」と、所属事務所名を入れながら、そつのないところを見せつけた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!