• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「休業しろよ」ベッキー休業で不倫相手ゲス川谷に“両成敗”求める声


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「休業しろよ」ベッキー休業で不倫相手ゲス川谷に“両成敗”求める声


ベッキーの休養で“両成敗”を求める声が上がっているゲス川谷

 不倫騒動に揺れるタレント・ベッキー(31)がレギュラー番組「にじいろジーン」(フジテレビ系)の30日放送回から休演すると発表された。さらに日本テレビ系「真実解明バラエティー!トリックハンター」「天才!志村どうぶつ園」「世界の果てまでイッテQ!」の3番組の出演も当分見合わせる。

 

 他のレギュラー番組の降板も必至な状況で、既に10社あったCMもすべて放送終了。不倫の代償をベッキーが痛いほど味わっている中で、世間の目が向いているのは不倫相手である「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音(27)。ベッキーと〝両成敗〟にすべきとの声がネットで上がっている。

 

 知名度や、「卒論」などLINEでの発言からベッキーにより矛先が向いている今回の不倫騒動だが、新妻がいながら身勝手な行動をした川谷も同罪といえる。

 

 17日に東京・代々木公園で行われたフリーライブではファンに向かい深々と頭を下げて謝罪したものの、ライブ終了後には集まった報道陣から逃げるように会場を去り、きちんと騒動へのコメントをしていない。15日、22日と出演した音楽番組でも謝罪はなかった。

 

 27日にはレギュラー出演していたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」のコーナーの出演休止も発表されており、公の場で謝罪する機会は再びなくなった。

 

 2月3日には、川谷が活動している別のバンド「indigo la End」が新曲「心雨」を発売。3月から始まる全国ツアーや30、31日に行われる日本武道館での初公演も休止する様子はない。

 

 そんな中でのベッキーが芸能活動を休業するとの報道。火遊びの代償がベッキーばかりに偏る様子に「川谷絵音も休業しろよ」「ベッキーだけに責任取らせて、堂々と活動するな」などとネット上の怒りの矛先は川谷に向かい始め、休養など〝両成敗〟を求める声が後を絶たない。

 

 一方でゲス極ファンの間では「川谷が休むとほかのメンバーに迷惑がかかる」「音楽性と人間性は別」とし川谷への“制裁”を望まない声も。

 

 ベッキー、川谷双方の立場からネット上の意見が分かれる中、唯一「川谷の奥さんが一番の被害者」という点だけは共通していた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!