• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【連載9】中居「金スマ」不倫トーク“放送禁止” ベッキーを凍りつかせたアドリブ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【連載9】中居「金スマ」不倫トーク“放送禁止” ベッキーを凍りつかせたアドリブ


ベッキーは困惑

【崩壊SMAP25年目の真実(9)】解散騒動に揺れた「SMAP」の中居正広(43)が23日に行われたバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)の収録で、“放送禁止用語”をブチかました。中居は、同番組レギュラーで不倫スキャンダルに直面しているタレントのベッキー(31)と騒動表面化後、初対面。渦中の2人が顔を揃えて緊迫感が漂う中でベッキーをイジったため、関係者をヒヤリとさせたという。

 世間の注目を一身に浴びる中居とベッキーが一連の騒動後、初めて“合体”した。23日、東京・赤坂にあるTBSの4階スタジオで行われた「金スマ」の収録では、芸能史に残るスキャンダルの当事者2人が顔を合わせたため重苦しい雰囲気が流れた。

 その空気を察した中居は機転を利かせて解散騒動を自虐的に話して盛り上げ、現場にいた関係者から「さすが!」と絶賛されたという。

「ただ…」と明かすのは、スタジオにいたTBS関係者。

「中居さんが、自身とベッキーさんを『金スマ』でネタとして取り上げれば視聴率がめちゃくちゃ跳ね上がるんじゃないといった趣旨のトークをした。台本にはないアドリブで、スタジオは爆笑したけど、それを見守っていたベッキーさんの事務所関係者3人は苦笑いしつつ顔を引きつらせていた。『SMAP』の解散騒動は落ち着きつつあるけど、ベッキーさんの不倫スキャンダルは収束しておらず、番組で取り上げるのはいまだタブー中のタブーです」

 実際、SMAPのほうはというと、すでに育ての親のチーフマネジャー・I女史(58)は先週、ジャニーズ事務所に辞表を提出済み。「金スマ」の収録現場には「準チーフ的なマネジャーと若手の現場マネジャー、計2人の事務所関係者が来ていた」(前出TBS関係者)そうで、平静を取り戻しつつある。

 この日のスタジオには、中居と微妙な距離感があるジャニーズ事務所・藤島ジュリー景子副社長(49)の姿は見られなかった。「だから中居さんはノビノビしてトークが弾んだのかもしれない(苦笑)」と前出関係者。半ばネタとしても扱える段階にまできているのだ。

 ただ、その一方で、ベッキーは4人組バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(27)との不倫スキャンダルで、抱えていたCM全10本が来月以降、ゼロになる可能性も浮上。余波は拡大している。

 川谷も17日に都内で行ったライブ後に「スタッフが運転する車で逃げようとしたけど、カメラマンに延々と5時間追跡された」(出版関係者)。

「ベッキーさんは収録前、中居さんら出演陣や番組プロデューサーらに『お騒がせしております』と謝罪行脚している。中居さんは、良かれと思った発言だったろうけど、ベッキーさんは他のレギュラー番組でも一切、騒動に言及していないから、彼女にしてみれば『金スマ』で不倫をネタにするのは絶対に“勘弁して”なはずで、そういった意味では“放送禁止用語”です。中居さんのそのトークはオンエアでは使われない見込みです」と制作会社関係者。

 この日はスタジオで、プロ野球・DeNAの中畑清前監督(62)の「波瀾万丈」コーナー、女芸人キンタロー。(34)の社交ダンス企画、番組ディレクターの「ひとり農業」企画の計3本を収録したという。放送日は未定だが、ベッキーを前にした中居の“危ない”トークがオンエアされないとなれば、もったいない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!