• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SMAPさらし者会見】ジャニーズの手法はブラック

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SMAPさらし者会見】ジャニーズの手法はブラック


ジャニーズはブラック企業?

 芸能史に残るSMAPの謝罪会見が、新たな波紋を広げている。会見を仕切った“新リーダー”木村拓哉(43)と、顔面蒼白でたたずむ中居正広(43)ら独立画策組4人のコントラストは「異様」のひと言。本紙は“公開処刑”と昨報したが、頭を下げたところで、ファンがそれを望んでいたのか? そもそも謝る必要があったのかもわからない。一般企業では考えられないジャニーズ事務所の深い闇…。ファンからも批判が巻き起こっている――。

 解散か存続かで一喜一憂するファンにとって、緊急生放送部分が組み込まれた18日夜の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)は複雑なものになったようだ。

 誰一人欠けることなく5人が公の場に登場し安堵した人、木村の「前を見て進む」の言葉に涙した人、大多数がグループの存続を歓迎しているが、重苦しい会見の雰囲気に心を痛めたファンも少なくない。

「あんなSMAP見たくなかった」

 ネット上ではそんな意見が飛び交い、後輩のTOKIO・国分太一(41)は朝の情報番組で「疲れ切っている」と指摘。元光GENJIの諸星和己(45)も別番組で「何のお葬式かな。暗いですね」とコメントした。

 とりわけ中居、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の独立画策組の顔はやつれきっていた。「申し訳ございません…」という言葉も、どこに向けてのものなのか。騒動自体をファンにわびたというより、独立問題にうるさいジャニーズの“鉄の掟”に背いたことや、怒らせてしまったメリー喜多川副社長(89)を意識したように感じた視聴者も多かった。

 国分とともに情報番組に出演した女優の真矢ミキ(51)が「私たち25年間こんなに楽しませてもらったのに、なんで謝るの?と思っちゃった」と発したのも、率直な感想だろう。

 ブラック企業被害対策弁護団の代表を務める「旬報法律事務所」の佐々木亮弁護士(40)は「一般社会と芸能界では勝手が違いますが…」と前置きした上で、次のように語る。

「何か芸能界の“怖さ”みたいなものを感じました。そもそも謝罪を公共の電波に乗せる必要があるのか。事務所内のトラブルは内部で解決すべきで、見せしめのためでもあそこまでさらし者にする意味はないと思います」

 今回の騒動はSMAP育ての親・I女史(58)がメンバーを引き連れ独立を図るも、木村のジャニーズ残留などで断念。その事後処理をめぐり、中居ら4人を巻き込む形でトラブルに発展した。

「一般社会であれば、職業選択の自由が保障されており、Iさんの独立やメンバーの合流は何ら問題ありません。むしろIさんの独立を事務所側が妨害したり、テレビ局に『あいつらは使うな』と圧力をかけていたなら、そちらの方がアウト。辞めようとしているアルバイトの子に『穴あける気か。辞めたいなら10万円払え』と脅すケースと似ており、ブラック企業と言わざるを得ません」(同)

 ハリウッドでは「スクリーン・アクターズ・ギルド(SAG)」という俳優たちの組合が存在する。12万人以上の組合員を抱え、過去には待遇改善を求めてストライキを行ったことも。対する日本の芸能界はそうした文化が育ちにくい環境にある。それはそれでメリットも多いのだが…。

「とにかくあの会見を見て驚いたのは『天下のSMAPですらこうなるのか』ということです。みんな40歳前後の大人ですよ。それが重苦しい雰囲気のなか、頭を下げている。特別な事情があるように感じました」(佐々木弁護士)

 エンターテインメントを扱う業界で、そうした“闇”の部分を見せてはならない。ましてや、今回は子供たちの憧れであるアイドルが在籍するジャニーズ事務所。莫大な利益を生み出すSMAPは活動を続けるが、不穏な謝罪会見で失ったものも大きそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!