• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SMAP解散騒動】紅白で目撃されていたI女史の“異変”「今年で最後だから」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SMAP解散騒動】紅白で目撃されていたI女史の“異変”「今年で最後だから」


ジャニーズ事務所

 SMAP解散問題で渦中の人となった育ての親・I女史の“異変”が、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で多数の関係者に目撃されていた。

「ジャニーズ事務所退社を決めていたI女史は、紅白での様子も例年とは違いました。例年ならSMAPらのリハーサルを客席で見るのですが、今年はほとんど客席の後方で立ったまま見つめていた。ライバル関係にある藤島ジュリー景子氏(副社長)がステージ全体を見渡せる客席のど真ん中に陣取り、足を組みながらケータイをいじる姿とは対照的。“勝負付け”が済んだような光景でしたね」(NHK関係者)。I女史の吹っ切れぶりは異様さを醸し出していたという。

「番組特別企画『アニメ紅白』のため、着ぐるみのピカチュウ、ポッチャマらキャラクターが出演した。リハーサルの舞台裏で、I女史はピカチュウらに『かわいい~!』と大はしゃぎ。しまいには手を振りながら『ピカチュウ!』と甲高い声でマネをするほどでした。あまりのハイテンションぶりに周囲も戸惑ったほど。Iさんのそんな姿は、最後の紅白を楽しんでいる感じでもありました」(前同)

 紅白で例年のぞかせるI女史のSMAPへの熱い思いも、今年に限れば冷静だった。

「例えばSMAPが大トリを務めた2013年、AKB48の大島優子がサプライズで卒業発表したんですが、I女史は『え! え! 私、聞いてない! ちょっと待って!』などと錯乱状態に陥るほど大騒ぎ。その後、事前に説明していなかった紅白スタッフに大激怒した。しかし、大島、前田敦子がサプライズ出演した昨年の紅白は何事もないように笑顔で見つめていたほどだった。その時はすでに心が折れてしまっていたのかも」(芸能プロスタッフ)。さらに、別のNHK関係者からは“決定的な言葉”も漏れてきた。

「リハーサルで、I女史寄りの紅白スタッフにも『今年で最後だから』と笑顔で伝えていたと言いますからね。I女史が芸能界を離れる噂も漏れ伝わっていますが、もう紅白に関わることはないと思っていたのかもしれない」(前出のスタッフ)

 今となっては腑に落ちるエピソードか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!