• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【不倫略奪疑惑】ベッキー レギュラー10本、CM10本全滅の可能性…“空いたイス”に座るのは?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不倫略奪疑惑】ベッキー レギュラー10本、CM10本全滅の可能性…“空いたイス”に座るのは?


一気に勢力を広げそうな小島瑠璃子

“ベッキー枠”を取るのは誰だ!? 好感度トップ級のタレント・ベッキー(31)と人気バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(27)の不倫スキャンダルは、波紋を広げ続けている。致命傷を負ったベッキーは今後、CM&レギュラー番組の激減が濃厚。メディア関係者の間では、宮根誠司(52)らが擁護に回るも、優木まおみ(35)や大桃美代子(50)は、あたかもポスト・ベッキーを狙っているかのような猛反発ぶりだ。同じハーフ系タレントのSHELLY(31)やマギー(23)も虎視眈々。そんな中、あのタレントが躍進するとの見方も――。

 盛者必衰、弱肉強食――。芸能界にもこの言葉は当てはまる。

 ゲス極・川谷との不倫略奪疑惑が報じられたことで、ベッキーがタレント生命の危機に瀕していることは本紙昨報通り。CMは太田胃散や花王など計10本、レギュラー番組も計10本抱える売れっ子だが、今後激減することは確実だ。実際、すでに打ち切りを決定した社も出たといわれ、一部では太田胃散がCM差し替えと報じられた。

 代理店関係者いわく「この日、所属事務所の社員総動員でスポンサーに謝罪行脚に出ていた」そうだが、過去の例と比べても現状は厳しいと言わざるを得ない。

 女優の香里奈(31)は週刊誌に流出した“おっぴろげ写真”ですべてのCMを失った。イケメン俳優とのラブホ帰りを激写された北乃きい(24)もCM降板など大ダメージを受けた。ともに不倫などといった不貞行為を働いたわけではないのに、それぞれのスキャンダルはこの“破壊力”だったのだから「ベッキーはそれ以上。CM10本全滅の可能性もある。彼女のCM1本のギャラは3000万円超と言われているので3億円以上の稼ぎがパアになる計算だ」(同)。

 リアルに“胃の痛い”ベッキーの太田胃散のCMは見たかったものだが、難しそうだ。

 そんななか、激化しているのが“ポスト・ベッキー”争い。

 優木は7日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で騒動に言及。MCの宮根が長崎にある川谷の実家にベッキーが同行したことについて「彼は『休みが取れたんで、ふるさとに帰るけど一緒に行く?』って気軽な気持ちで誘った。そしたら、(川谷は)『お父ちゃん、お母ちゃんに紹介しよ。絶対に喜ぶで』ってなって。ベッキーが、家に来たら喜ぶやろ?」と持論を展開したが、優木は「いやいや、実家に行くのは軽率だと思います」と断罪した。

 2010年に不倫騒動を巻き起こした大桃と元夫のジャーナリスト山路徹氏(54)も7日にツイッターを更新。山路氏が「なんかベッキーが可哀想。ベッキー頑張れ!」とツイートすると、大桃は「Y氏が何か言ってるようだけど、あーら、あなたが、それを言う!?」と反応。続けて「本人は辛いだろうけど、質疑応答なし、、、は記者も視聴者も納得しないだろうなぁ。再スタートするつもりなら、応えたほうがいいと思うの」とベッキーに苦言を呈した。

 これにネット上では「まさに正論」という意見とともに「ベッキーの追い落としを図った」「ベッキー枠を狙っている」という声も…。

「結局、この業界は弱肉強食。CM10本、レギュラー10本が空くのなら、それを狙わない人はいない。ベッキーと同じハーフタレントのSHELLYやマギーも本人はともかく、所属事務所は売り込みに気合が入っていてもおかしくないです」とは芸能プロ関係者。

 なかでも、機運が高まっているのは万能タレントの小島瑠璃子(22)だ。小島は場の空気を読む能力にたけており、HKT48の指原莉乃(23)をして「モンスター」と言わしめたほど。昨年の番組出演本数は429本で初のクイーンに輝いたが、実はレギュラー番組は少ない。

「小島さんはMCもできてリアクションも取れる、ベッキーに近いキャラクター。事務所としてはこの大チャンスをモノにして“天下統一”を果たしたいところでしょう」(テレビ関係者)

 ポスト・ベッキーには誰が座るのか? 注目だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!