• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > なぜ?KAT―TUNファンが“聖地”増上寺に集結

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ?KAT―TUNファンが“聖地”増上寺に集結


なぜ増上寺なのか…

 ファンの思いは届くのか――。田口淳之介(30)の“卒業”がカウントダウンとなったジャニーズの人気グループ・KAT―TUNの先行きに危機感を覚えるファンが“聖地”と呼ばれる東京・増上寺に例年以上に集まっていると話題だ。なぜ増上寺なのか?

「ここ数年、KAT―TUNファンが増上寺の絵馬に、メンバーの活躍や、コンサートチケットが当たりますように、などの願いごとを書いて奉納することが多かったんですが、今年は10周年ということもあって例年以上の絵馬がありましたね」とはある事情通。

 今年はいつにも増してその数も多いようだ。PUFFYの大貫亜美(42)もインスタグラムで自身の絵馬とともに「周りはKAT―TUNの10周年を祝う絵馬ばっかりだった KAT―TUNファン激アツ」とコメントしたほどだ。

 そもそも、増上寺が“KAT―TUNの聖地”と呼ばれるようになったきっかけは「黒本尊の勝運守り」だ。

 増上寺は徳川家の菩提寺の一つで、徳川家康も数々の戦に勝利し、その御利益にあやかったといわれる由緒ある寺。勝運とは「物事全般が勝(すぐ)れた方向に運ぶ」という意味で、黒いお守りには葵の御紋が入っている。

 この「勝運」という言葉は「KAT―TUN」というグループ名に秘められた意味の一つでもある。結成当時、6人のメンバーの頭文字を取って付けられたのが「KAT―TUN」だが「勝つ運」という意味も込められていたのだ。

 2011年には、メンバーの亀梨和也(29)が主演した舞台「DREAM BOYS」に、同じグループの中丸雄一(32)と当時メンバーだった田中聖(30)が出演した際、この3人ユニットが期間限定で「勝運(かつうん)」と名づけられたこともあった。そのため、いつのころからか増上寺がファンの聖地と呼ばれ、年始にはファンが絵馬を書くようになったという。

 今年は結成10周年もさることながら、田口が脱退する年でもある。田口は昨年11月、今春の脱退を表明していた。

「絵馬にもそのことを心配して、グループのこれまでと変わらない活躍や、田口くんの離脱撤回を願ったりなどの絵馬も見受けられました」と前出の事情通。

 心配するのも無理はない。2月に新曲「TRAGEDY」の発売が決定しているものの、10周年記念のコンサートなどについては未定。田口がグループを辞め、3人となった後の先行きはいまだ不透明だからだ。あるテレビ局関係者は「さすがに田口の脱退撤回は無理な話でしょうが、グループの解散はないとはいわれています。それでも活動そのものは、残されたメンバーのモチベーションもかかわってくるでしょう」と話している。ファンの願いはどこまでかなうのだろうか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!