• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【モー娘・石田&尾形 新春大放談(4)】全編英語曲「One and Only」は発音完璧!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【モー娘・石田&尾形 新春大放談(4)】全編英語曲「One and Only」は発音完璧!


石田亜佑美(左)と尾形春水

【モー娘・石田亜佑美&尾形春水 新春大放談(4)】

 ——昨年12月29日発売の新曲「冷たい風と片思い」(ほか2曲)はどう?

 石田:尾形ちゃん、(ジャケットの)2列目にいるね。

 尾形:そうですね(笑い)

 石田:この曲は鞘師さんのフィーチャー曲で魅力詰まりまくりです。鞘師さん、ソロダンスがたくさんです。私が鞘師さんのダンスで好きなところは「縛り付けられてる」感というか。アクセントを取る時とか全力で取るんじゃなくって、控えめに取るんですよ。もっと言えば「限られた空間の中で全力で取る」というんですかね。

 ——軸がしっかりしている

 石田:私は全力で踊ってしまうタイプなんですよ。鞘師さんは控えめなんだけど、パワーはすごく伝わってくるんです。

 尾形:鞘師さんの衣装にも注目してください。

 ——「ENDRESS SKY」は

 石田:私は何回聴いても泣いちゃう。鞘師さんが最後の武道館で涙しながら歌っていた「泣くわけないでしょ泣くはずがない 自分で選んだ未来だから」という部分が特にです。

 尾形:あそこで泣くの反則! こっちまでもらい泣きしそうになりました。

 石田:本当に! 説得力がありましたよね。感動的な歌詞なんだけど、明るい未来が見える歌。

 尾形:収録の時も鞘師さんが歌っているのを見て、メンバーみんな泣いていました。鞘師さんの涙って、あんまり見たことがなかったので、驚きました。

 ——全編英語歌詞の「One and Only」は

 尾形:私がモー娘に加入してからの新曲は、かっこいい曲ばかりで、明るくて元気な曲をやったことがなかった。この曲で初めて元気な曲を歌うことができました。PVでは心から笑顔で撮影できました!

 石田:この曲だけは英語の発音完璧です! 帰国子女の野中ちゃんに教えてもらったり、チェックしてくれる先生がいたんですけど、その知り合いの外国人の方が聴いてもちゃんと伝わったんです。

 尾形:野中ちゃん、英語が得意で、この曲で輝けるからうらやましいなーと思っていたんですけど、ディレクターさんからは「尾形は日本語も不安やのに、英語の曲なんてできるんか?」って言われて(笑い)。悔しいことだらけで、負けないように頑張りました。のびしろを信じて!

 石田:フィギュアスケートが得意な尾形ちゃんが輝ける歌は、氷の上で歌うやつかな?

 尾形:それに大阪弁ですねぇ(笑い)。最近はスケート全然やってないんですけどね。みんなが特技でお仕事いただいているので、私もスケートのお仕事いただけるように頑張りたいです!(つづく)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜き、高木菜那が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
チャンピオンカップ(25日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!