• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 川崎敬三さん インタビューで見せた役者魂


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎敬三さん インタビューで見せた役者魂


料理の仕事で鋭い眼光を放つ川崎さん。すべてが真剣勝負だった(73年)

 どんなにマルチな活躍をしても“根っこ”は役者だった――。ワイドショーの先駆けとなった「アフタヌーンショー」(テレビ朝日系)の司会を1974~85年に務めて知名度を上げた俳優の川崎敬三(本名陶山恵司=すやま・やすじ)さんが7月21日に亡くなっていたことが24日、分かった。82歳だった。川崎さんがかつて本紙に語っていたとっておきの秘話を明かす。

 川崎さんは54年、大映のニューフェイス試験を受け、甘い二枚目のマスクが注目されて合格し同年「こんな奥様見たことない」でデビュー。「夜の河」(56年)や「氷壁」(58年)など数多くの大映作品に出演した。同じころにデビューした若尾文子とコンビを組んで「新婚七つの楽しみ」(58年)、「初夜なき結婚」(59年)などの「新婚シリーズ」で、気の弱いとぼけた夫役を好演して人気が出た。また江利チエミ主演のテレビドラマ「サザエさん」(65~67年、TBS系)でマスオさんを演じてお茶の間の人気を得た。

 軽妙な司会で一世を風靡した「アフタヌーンショー」では、リポーターの山本耕一とのやりとり「そーなんですよ。川崎さん」のフレーズを漫才コンビ「ザ・ぼんち」がネタにして流行語にもなった。

 その後も歌番組司会から料理番組ホストなど幅広い活躍を見せた。

 そんな川崎さんが40歳を迎えタレントとして俳優として脂が乗り切っていた73年、本紙のインタビューを受けて大いに語ったことがあった。司会をしていた人気料理番組「料理ジョッキー」(NET=現テレビ朝日)の収録の合間で、エプロン姿がサマになっていた。当時放送800回を超える長寿番組だった。

 家でも自分で料理するのか?との質問に「いいえ、男は外で働くもの。家に帰ればデ~ンとひっくり返っています。僕の場合、料理は道楽ですよ」と笑った。道楽で料理を楽しむ亭主を「エプロンパパ」と言うとも話していた。

「あくまでも趣味と実益を兼ねて家庭円満の範囲にとどめること。後片付けから食器をしまうことまでやっちゃうと女房族がつけ上がるからね」

 何でもこなせる万能タレントになりたいと語る一方で、俳優業には厳しかった。撮影中はいつも弁当持参。セットの片隅など人のいない部屋でぽつんと1人で食べる。

「それまで演じてきた役柄の雰囲気を壊したくない」からだと言い「役者は孤独。誰も知恵を付けてくれないものね。ボクサーが孤独だというけど、3分間たてばセコンドが知恵を付けてくれるんだもの。役者は1本のピアノ線の上を歩いている感じ。緊張感がないとだめだし、その緊張感を演技の上に出してもだめだしねぇ」

 タレントとして活躍しながらも「本業はあくまで俳優」と主張するかのように、役者魂をのぞかせていた。

 こんな川崎さんを恩人と慕っていた「ザ・ぼんち」の2人は24日、コメントを発表した。

 里見まさと(63)は「今から振り返れば、我々ぼんちが、この世界で生活をさせて頂けているのは山本耕一さんと川崎敬三さんなくしてはあり得ないです」。

 ぼんちおさむ(62)も「『そーなんですよ、川崎さん』というフレーズを漫才ブームの時はネタに使わさせていただきました。それが大ウケし、また『恋のぼんちシート』というレコードを出し、大ヒットしました。お会いした時もひょっとして怒られるのではと思っていましたが、とても優しく笑いながら『いいね。おもしろいよ』と言っていただきました。ザ・ぼんちの漫才にはなくてはならない方でした。本当にありがとうございました」と感謝している。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!