• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 美人女子アナ“AV出演報道”の真相激白


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美人女子アナ“AV出演報道”の真相激白


インタビューで真相を告白した松本圭世

 大学時代に“AV出演”と週刊誌に報道され、昨年表舞台から姿を消した地方局の美人女子アナが、その真相を初めて本紙に激白した。フリーアナとしてこのほど復帰を果たしたテレビ愛知出身の松本圭世(26)が、たった約10分間の収録で人生が一転した騒動の真相から、自殺を考えた過去、セクシー女優疑惑まで赤裸々に明かした。“お口の失敗”はしゃべりで取り返すつもりだ。

 ――今月1日のTOKYO MXテレビの特番で、フリーアナとして活動を始めた。例のAV騒動の真相を改めて聞きたい

 松本:大学3年生くらいの時に、名古屋市内の街中で男性の方から声をかけられたんです。「男性の悩みを聞いてください」と。不思議には思ったけど、協力できるのならと了承。ただ書面に名前を書かされただけで、これから何が始まるか説明はありませんでした。

 ――その後は

 松本:大きなバン(車)の中に案内されると、カメラマンさんに音声さんとか4、5人いて。おかしいと気づき始めたけど、アウェーの雰囲気で逃げ出せませんでした。

 ――車内で撮影だった

 松本:男性の悩みを聞いた後、アメをなめるよう求められて、なめました。それ以上は何もなかったです。

 ――性行為は

 松本:全くありません(笑い)!

 ――撮影の後は

 松本:撮影自体は10分もないくらいでした。謝礼も出たけど「いりません」と断って。

 ――謝礼の額は

 松本:5000円です(笑い)。

 ――10分で人生が一転

 松本:若気の至りというか…。もともと「ノーと言えない日本人」の典型というか…。脇が甘かったです。

 ――撮影したものは2010年夏ごろ、疑似口淫モノのAVとしてリリース。騒動に発展した

 松本:テレビ愛知の契約アナとして活動を始めた直後です。13年12月ごろにネット上で炎上し、14年6月ごろに週刊誌などで報道されるようになりました。局の判断で6月中に、担当していた情報、音楽、ニュースの計3番組をすべて降板することになったんです。

 ――解雇と噂された

 松本:解雇ではありません。13年10月から14年9月までの1年契約が満了しての退社でした。

 ――つらかったのでは

 松本:6月に全番組を降板して9月に退社するまでの3か月間、局で午前10時から午後6時まで電話番でした。七夕の短冊には「幸せになりたい」と書きましたし…。今、振り返ると暗いなあ(苦笑)。正直、ネットで自殺サイトをのぞいたりもしたんです…。

 ――ちょうどそのころ、大学生だった笹崎里菜アナ(23=日本テレビ)が入社内定の地位確認を求める裁判を起こしていた

 松本:大変だったと思います。私は通っていた地元の美容院に行けなくなり、別の地方の美容院に行くこともありました。飛行機で(赤面)。今、思うとバカですね。

 ――テレビ愛知やAV制作会社への恨みは

 松本:ありません。局としてもしょうがなかったと思います。降板して番組内容が変わり、迷惑をかけてしまったのがつらかったです。

 ――今回、復帰した

 松本:そっち(AV)側からオファーがありましたが、その意思はもちろんない。アナをあきらめるのは悔しかったですから。あとは、自分の名前を愛してあげたかったんです。去年11月に上京した後も、騒動の影響で名前や職業を名乗れない時期があって。でも、堂々と生きたいですから。騒動があっての松本圭世です。

 ――強くなった

 松本:はい。私がこう発信することで、若い女の子たちが気をつけられるかもしれないですし。

 ――ところで、セクシー女優の皆道あゆむ(27)ではないかと噂も…

 松本:全く関係ないです! 私の名前をネット検索するとなぜか(皆道の)名前が出てきますし、学生時代からそういう(AV)事務所で活動していたんじゃないかとネットで言われましたけど、一切ないです!

 ――今後、グラビアは

 松本:体のラインで出るところが出ていません(赤面)。自信もありません。

 ――最後に読者に

 松本:「失敗しても大丈夫」と伝えたい。私はフリーアナとして負けないです!

☆まつもと・かよ=1989年8月6日生まれ。静岡県出身。名古屋大経済学部卒。2012年4月~13年9月、愛媛朝日テレビの契約アナ、13年10月~14年9月、テレビ愛知の契約アナとして活躍。今年10月にフリーアナに転身、今月から活動を開始した。趣味はアニメ、ゲーム、ゴルフ、マージャン。資格は弓道初段、潜水士。161センチ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!