• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > モー娘激震!卒業発表したエース鞘師里保の“本音”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モー娘激震!卒業発表したエース鞘師里保の“本音”


卒業を発表した鞘師

 ハロプログループ「モーニング娘。’15」の鞘師里保(17)が29日、年内でグループを卒業することを自身のブログで発表した。鞘師はダンスと歌に優れた“絶対的エース”としてグループを支えただけに、卒業発表にグループ内では動揺が広がった。実は今夏の本紙インタビューでも「卒業」を意識したようなコメントを漏らしていた。鞘師の“本音”とグループの今後は――。

 あまりに突然の卒業発表だった。

 鞘師はブログで卒業を決めた経緯を告白。今年に入り、今後の人生を考えることが多くあり「一人の人間として強く生きていくために経験しなければいけないことがあるのでは?と思うようになりました」(ブログから抜粋)という。大みそかに行われるカウントダウンライブがモー娘としての最後の活動となり、卒業後は海外留学を予定している。

 ハロプロ全体のリーダーである「℃―ute」の矢島舞美(23)もこの発表を受け、ブログでコメントを発表。「彼女らしい決断。人生経験やスキルアップの為にとても前向きな決断だな。と、私は思います。彼女が安心して帰って来られる環境を作って待っていたいと思います」(同)と背中を押した。

 だが、鞘師卒業の持つ意味はモー娘にとって想像以上に大きい。

「鞘師は現在のグループの柱。野球で言えばエースで4番ぐらいの存在だった。おそらく、所属事務所もパニック状態で、来年以降のグループの形ははっきりと見えていないだろう。また、一からビルドアップしていかないといけない。ある意味で『グループは崩壊した』とも言える」と、あるプロモーターは指摘する。まったく先が見えない状況になった。

 今夏の本紙インタビューでも真面目な一面をのぞかせていた。その時は「モーニング娘。’15と名乗れるのも今年限り。だから時間を大切にできるようになった。1年が終わった時に『ワンファイブ良かったね』と言われるように頑張りたい」と話していたが、既にこの時には卒業を意識し、1人で悩んでいたのだ。

 昨年、グループ復活の立役者である道重さゆみ(26)が卒業後、鞘師にかかる期待は膨らんでいた。同時に負担も大きくなっていた。

 グループをよく知るテレビ局関係者は「鞘師ちゃんは1人で抱え込むタイプ。常に自分の理想を追い求めていただけに、ちょっと疲れちゃった部分もあったと思う。グループでもあまりつるむことなく、よく1人でいて、自分でも『ぼっち』とネタにしていたけど。とにかく真面目で全力で走り続けただけに、どこかで息抜きは必要だった。後から振り返ればベストタイミングの卒業だったというふうになるだろう」とみている。

 鞘師は常々「ライブでは魂を削っている」と話していた。これからのライブはますます鬼気迫るものになるはずだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!