• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 松井玲奈らが直面するAKBグループOG活動の“難点”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井玲奈らが直面するAKBグループOG活動の“難点”


卒業後を語った松井

 8月にSKE48を卒業した松井玲奈(24)が6日、都内で米映画「トゥモローランド」のMovieNEX・デジタル配信発売イベントに、タレントの武井壮(42)と出席した。SKE卒業後の近況について「グループに在籍していた時よりもメンバーに会っている。会うとよく『何してるんですか?』と聞かれますが『お仕事いろいろしてるから見てね』と言ってます」と笑顔で語った。

 女優の道を目指してグループを離れた松井は卒業後もテレビやラジオ、雑誌など多くの媒体に登場しているが、かつての同僚から現状確認されてしまうところにAKBグループOGの難しさがあるという。

「AKBグループ出身者は同年代の他の芸能人と比較すれば、仕事は十分多いのに、それまでの露出があまりに多かったために、世間から『露出が一気に減った』という印象を持たれやすい。そもそも、本格的に女優として活動しながら、各種テレビ番組に出演している人はほとんどいない」と指摘するのは芸能プロ幹部だ。

 AKBグループは歌番組などのテレビ番組出演に加え、劇場公演や握手会などファンの前に登場する機会も多い。さらには個人で複数のSNSも活用する。グループを離れれば、当然そこまでの状態ではなくなる。

 肝心の活動自体も「良くも悪くも必ず元○○○の肩書はつきまとう。昔からのファンも大切にしつつ、新たな方向性を示して世間の支持を得るバランス感覚が求められる」(前同)という。

 もっとも、松井は「グループ在籍中からずっと卒業後を見据えてグループ外にも軸足を置こうとしていた。ソロ仕事のために、多忙で眠い時でも移動中はずっと映画やアニメなどのDVDをチェックするなど、高い意識を持っていた」(出版業界関係者)と、しっかり準備をしていた。

 イベントでは「戻る場所がなくなって、より一つひとつの仕事に真剣に取り組まなければいけない意識が強くなった」と松井。明るい未来に向け順調なスタートを切ったようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!