• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > フジ 香取慎吾の番組ロケで撮影スタッフ大ひんしゅく

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フジ 香取慎吾の番組ロケで撮影スタッフ大ひんしゅく


カメラを向けたフェリーの乗客の前に立ちはだかるスタッフ

 観光客に声を荒らげるわ、迷惑駐車するわ、揚げ句にフェリーにも“侵入”!! 観光客でにぎわう静岡県熱海沖の初島で8月14日、フジテレビの番組スタッフがとんでもない“暴走”をしていたことが本紙の取材で分かった。問題の番組は2日に放送されたSMAP香取慎吾(38)や山崎弘也(39)がレギュラー出演する「おじゃMAP!!」(水曜午後7時)だ。夏休みを満喫していた親子連れに向かって大声をあげるなど、大ひんしゅくを買ったという。

 低視聴率が続くフジテレビにまたも大失態だ。それは「おじゃ――」の初島ロケで起きた。8月14日は香取、山崎のレギュラー陣とゲストの速水もこみち(31)、おねえ系タレントのGENKING(年齢非公表)が参加した。

 このロケの模様は2日に放送。「島グルメで10合のご飯を完食せよ!」という企画で食堂などにジャーを持ち込み、海の幸などをおかずに4人で10合のご飯を平らげた。店を移動する際に歩くシーンでは出演者の周囲に観光客があふれ返った。香取らが地元住民と触れ合いながら、地元グルメを満喫する和気あいあいとした内容となった。

 初島は“都心から最も近い離島”といわれる人気の観光スポット。しかも、ロケ当日はお盆期間中だっただけに多くの観光客が訪れていた。たまたま家族連れで観光していた男性は「本当にすごい人だった。そうした中で初島の食堂でテレビ番組のロケをやっていたんです」と明かす。

 食堂の前には同番組で使用されるロケ車「おじゃMAPワゴン」が止められていたが、まずその場所が問題だった。

「狭い車道に車をはみ出して駐車して、他の車が通れなくなっていた。地元の運転手も怒ってましたよ」(同男性)

 迷惑行為は路駐だけではなかった。同男性が一部始終を明かす。

「この番組を知っている人は、あまりいなかったみたい(笑い)。僕の周りにいた観光客のほとんどはワゴンの意味が何なのか、よく分かっていませんでしたね」

 そんな状況で、スタッフに観光客が「何の番組なんですか?」と聞いたという。番組の知名度が予想外に低いせいか、スタッフは明らかに不機嫌そう。

「一応『“おじゃMAP”です』と答えていたけど、すごくイヤそうだった。お盆に人でごった返すなか、観光地に勝手に来てロケをやってるのに、態度はひどかった」

 食堂のシーンの後は釣りをするという企画で、一行はフェリー乗り場の近くで撮影した。

「そんなとこで撮影していたから、フェリーに乗っていた観光客から丸見え。まさか芸能人がいるとは思わないから、みんな喜んでいたんです」

 釣りの撮影が終了すると、香取ら出演者はフェリーから見えるところを悠々と歩いて移動し始めた。これには乗船していた観光客は大喜び。声をかけたりスマホやカメラを向けたりする人が現れた。観光客が写真を撮るのは自由だが、番組の女性スタッフが信じられない行動に出た。何と乗船券も持っていないのに、いきなり船内に乗り込んできたのだ。

 小さな子供もいるというのに、大きな声で「撮影をやめてください!」と般若のような形相で叫び出した。あまりの横暴さに周囲はあぜん。怒った乗船客が「乗船されるんですか?」と聞いたところ、女性スタッフは「いえ、乗りません!」と平然と答えた。乗船券もないのに撮影をやめさせるためだけに、船に乗り込んでくるとは非常識と言わざるを得ない。

 さらに船内から窓越しにカメラを向けた親子に対しては窓の外から目の前に立ちはだかり、子供が怖がる一幕も。

「こっちが立入禁止の場所に入ってカメラを向けたのならともかく、向こうが観光地に来てロケをやった。お盆だから、人がいっぱいいるのは分かるはずなのに、何であんな横暴な態度になるのか?」と目撃した男性はあきれ果てていた。

 現場にいた観光客が“フジテレビ・アレルギー”になったとしても不思議ではない。ただでさえ、視聴率で四苦八苦しているのにこのありさまでは、苦境は今後も続きそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜き、高木菜那が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
チャンピオンカップ(25日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!